雑種の飼育方法に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
接し方について
接し方について

接し方について

相談番号 6,833 / view 365

にゃぁにゃさん

回答数
3

4歳くらいの雌猫を保護して3週間ほど経ちます。先住ねこがいるので、部屋を分けています。部屋ではほとんど同じ場所いて、ご飯とトイレの時以外動いていないようです。近づいたり触れようとすると、シャーからの猫パンチです。慣れてくれるまで、部屋を分けていた方がいいでしょうか。こちらからあまり近寄らない方がいいのでしょうか。警戒心が全く解けません(T . T)

相談者が選んだベストアンサー

Good
1

灰色の猫さん

2021年11月16日

そのニャンちゃんは保護したということですから、以前は野良だったの
ですよね?元野良はそう簡単に警戒心を解かないと思います。
まして、野良時代に人間に追っ払われたり、イヤな思いを経験している
事が多少はあるでしょうから、なおさらです。

うちは野良ではなかったのですが、先代の子を生後3ヶ月程度で
もらってきた時、すごい人見知り、人間嫌いでシャーこそ言いません
でしたが、常にコソコソベッドの下に隠れ、私がいる時は寝姿さえも
見せないような子で、3~4歳位まではほとんど触ることもできない
ような子だったのですが、先住猫とは1~2週間程度で打ち解けて
仲良くして、いつも先住の子の後をついて回っていました。

そのニャンちゃんも、人間にはなかなか心を開かないとしても、
猫同士ならお仲間として落ち着いてくれるのではないかと思います。
もうワクチン接種やウィルス検査はお済みでしょうか。
そのような感染の心配がないようでしたら、今は別の部屋という
ことですから、徐々に部屋のドアを開けっぱなしにして、
先住の子や新入りが自由にお互いを模索できるような時間を
一日に数時間作って、様子を見てはいかがでしょうか。
(突然、人間が連れて行ったりケージ越しに対面というのではなく
部屋を開けッパーにして、自由にさせて見てください)

人間とはその後でもいいと思います。ニャンちゃんたちが
質問者さまのお宅で健康で快適に過ごせることを、まず考えて
あげてください。

いつまでも別々というわけには行かず、いづれは一緒にする時が
来るのですから、焦らず、猫同士で自分たちの関係を築くまで
見守ってあげてください。


ご参考に。

コメント: にゃぁにゃさん(相談者)

2021年11月16日

そうです、もとは野良です。確かに早く慣れてほしいなんて焦ってはいけないですよね。ねこちゃんの気持ち、優先させないと!灰色の猫さんのおかげで大切なことに気づけました!!ねこちゃんのペースに任せて、いつかねこちゃんが寄り添ってきたら、たっぷりと愛情を伝えます(^^)素晴らしい回答、ありがとうございます✨✨

コメント: 灰色の猫さん(回答者)

2021年11月16日

追記です:

新入りの子はまだ触れない状態ですが、
先住の子と一緒にいる時は、先住の子たち(複数飼育
されているのですよね)も、新入りの子たちも
どっちも気にかけている、どの子も平等に大事に思っている
という態度で接してあげてください。

なるべく、先住と私vs新入り もしくは
先住vs新入りと私 という構図を避けて、
私(人間)vs 猫たち という感じで接する事を
お勧めします。

ニャンたちの関係は、ニャンたちに決めさせるのが
良いと私は考えています。

ご参考に。

コメント: にゃぁにゃさん(相談者)

2021年11月16日

よく、わかりました! 平等にですね!!
みんな大好きなのは間違いないので、
心がけます!!

みんなの回答

  • 羽根井さん

    2021年11月16日

    Good
    0

    雌猫ちゃんは病院には連れて行けるのですか?
    基本的なお世話で困らないなら灰色の猫さんがおっしゃるように
    猫さんの好きにさせてあげていいと思います。
    お世話に困る部分があればケージを使ってみるのも猫の様子も分かりやすいですし、限られたスペースだとそこだけでですが割と早い段階でくつろぐ姿が見れたり、挨拶できるようになることもあるのでおすすめですよ。閉じ込め飼いをするわけではなくケージに慣れてきたら一部屋フリーで段階を踏んでく感じです。
    ケージに慣れていると大掃除のときや人の出入りが激しいときなどの脱走防止、引越しするときなども活躍します。

    私のときは野良で妊婦猫さんだったのですが猫パンチとか威嚇する子じゃなくてとにかく逃げる子だったんです。
    これでは関係を構築しようにも関わりが持てないし、子猫達まで家庭内野良になると思いケージを一番安全だと思ってもらえるよう
    しばらくはケージで生活してもらいました。

    一部屋与えていたのでケージになれたら一部屋フリーにして
    過ごしてもらって人間に慣れてくれるよう毎日声をかけていたら
    ケージ越しだと隣にいれるようになり、次に挨拶ができるようになって、ケージの中やご飯のときだけですが触れるようになりました

    ですが、ここから全く進まず近づくと逃げるのでずっと不安に思っていたのですが、ある日病院に行くことにしました。
    保護当時からずっと片方の目から涙が止まらなくて気になっていたので嫌われてもいいから病院へ行こうと受診、点眼してたらゴロすりにゃんになりました。
    ネットにいれて優しく声をかけ撫でたりしながら点眼したり、爪を切るようになってから急激に慣れて顔つきも優しくなり、私が背後に回っても逃げないし、近づいてもそのままの姿勢で手を近づけてもスリスリして撫でさせてくれるようになりました。
    これまでワクチンなどはしていましたが、点眼は私が毎日しなければならないのでなれてからと思っていましたが、ある程度慣れたらこちらからも撫でたり、接触する機会を増やす必要があるのかも知れないと思いました。

    虐待をされたとかでなく、お母さんに教えてもらったことが全てで徹底的に人を避けてた子なら人を知らないから怖いだけなので
    猫さん自身に少なくともお世話している私は怖くないこと、人の手は暖かいことを知って貰えれば拒絶はなくなっていくと思います。
    最初は警戒していても生命を脅かすようなことはされず、逆にご飯をくれたり、掃除をしたりしているので段々猫自身もうっかり人の目の前でゴロンしてしまったりしますよ。(うちの子は目の前でゴロゴロして可愛いなーと見ていたら目が合って しまった!とばかりに走り去っていきました。可愛すぎる...)

    まずは好きになって貰うんじゃなく普通を目指して下さい!
    そこにいるのが普通になって猫さんが気にしなくなれば、あとは好きになってもらうだけ、こう思うと最初よりずっとハードルが下がりますしメンタルにも優しいですよ!(野良ちゃんは1歩進んで2歩さがる感じなので結構凹みます)

    うちにきた野良ちゃんはここまで慣れてもらうのに2年かかりました。過ごす時間が2時間と短かったのでもう少し早く慣れてくれるとは思いますが3週間では野良ちゃんは難しいです。
    大体3ヶ月くらいで恐る恐るスリスリしてくれる(ご飯が欲しいだけ)ようになったので長い目で見てあげて下さい。

    先住猫さんがいる場合だとケージにいるときに合わせて(先住猫がフリーの状態)お互いに仲良くなれそうなら、そのまま先住猫と自分の仲を見せつけます。
    言い方が悪いですが先住猫が人といてもリラックスしていることで
    警戒心が薄れ猫自身の人に抱いているイメージが崩れていきます。先住猫がスリスリしておやつなどを貰っていると覚えて野良ちゃんのほうから接触してきます。
    自分から来てもらうことで美味しいものを貰えたとか、怖くなかった経験を積むことができるので効果的かなと思います。
    また、少し恥ずかしいですが猫さんが鳴いたら同じように返したり
    瞬きしたり猫のボディランゲージをコミュニケーションに取り入れるといいと思います!

    私なら野良ちゃんは先にフリーで猫と仲良くなると人に慣れづらいのでケージいるときのみ先住猫さんと合わせ、人にも慣れたらフリーで先住猫さんと一緒にすると思います。
    野良ちゃんなら結構手作りご飯を食べるので健康にも良いですし、
    取り入れると距離も縮まるかと!

    長々と失礼しました。
    応援しております!

    コメント: にゃぁにゃさん(相談者)

    2021年11月16日

    保護したねこちゃんは、ケージも使っていて、安全な存在とわかってもらえたらいいなと思い、ケージの隣に座って本を読んだりして、近くにいてみたりするのですが、まだ、日にちが浅いですよね。。
    やはり、焦らずに、新入りちゃんの近くで過ごしたり、新入りちゃんのいる部屋をフリーにして、先住ねこ達を近づけたりしてみます。
    新入りねこちゃんのペースに任せてみようと思います!(^^)!
    詳しいお話、ありがとうございます! 参考にさせていただきます!

  • ここにゃんちゃんさん

    2021年11月17日

    Good
    0

    犬(時々猫)ボラです。元野犬元野良猫全般に言えることですが、保護したての頃はとにかく落ち着く場所(ケージ)に入れてあげて食事や排泄処理以外必要以上に構わない事が基本です。今はとにかく捕まってしまって怖い怖いばっかりですから、何をしてあげても怖いのです。なので「ここの家は大丈夫。ここの家の人たちは安全」と思ってもらうことが先決ですので、とにかく雌猫ちゃんには主様宅を観察してもらいましょう。その為にはいつまでも別室での隔離は駄目です。別室で自由にさせているだけでは家庭内野良になってしまいます。普段ご家族様や先住猫さんがいるリビングの一角にケージを置いてあげましょう。そこで雌猫ちゃんの心が落ち着いてくるまで、とにかく家庭というものを観察してもらいます。ケージの外から話かけたりするのはOK、美味しいおやつなども食べられるようならあげて下さい。そうやって少しずつ慣れさせてあげて下さい。生き物全般に言えることですが、先住の仔がいるのならば、後から来た仔は先住の真似をします。なので先住猫さんと楽しく遊んだり、コミュニケーションを取っている様子を保護した雌猫ちゃんにゲージ越しに見せてあげて下さい。そうすると慣れてくれるのも早くなると思います。

    早い仔だと数ヶ月、遅い仔だと何年もかかるかもしれませんが、縁あって主様宅に来た仔です。きっといつの日かご家族みんなにとってかけがえのない子になりますよ。。。少しでも参考にして頂けたら幸いです。

    コメント: にゃぁにゃさん(相談者)

    2021年11月17日

    現在は、あまり出入りのない部屋にケージを置いてます。
    もっと、わたし達、先住猫が見える所に置くのは、考えもしなかったです!!
    たしかに、ずっと隔離されたままだと、様子がわからないですよね!
    ケージ置く場所、変えてみます
    今回いただいた回答、参考にいたします!
    素晴らしい、アドバイスありがとうございます!!

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる