不明の飼う前にに関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
猫と暮らしたいと思っています

猫と暮らしたいと思っています

相談番号 6,519 / view 411

おまつ12085さん

回答数
3

猫と暮らしたいと思い、単身でペット可の家に引っ越しました。

なるべく小さい頃から飼って一緒に過ごしたいと考えているのですが、仕事で家を空けることも多いため、何ヶ月(何歳?)くらいからであれば安全に飼うことが出来るのか教えて頂きたいです。

私の現状ですが、
児童養護施設で働いているので、月5~6回は宿直があり、夜に帰れない日があります。
変則勤務で、6時~9時、休憩をはさんで16時から21時という日もあれば、6~14時までの通し、13時から21時までの通しという日もあります。
通し勤務に宿直がはさまると、最長13時から翌日14時まで帰れないこともあります。
猫が好きな、土日が休みで9~17時勤務の友人が日々サポートをしてくれる話にはなっているのですが、それでもタイミングが悪いと日によっては6時間時間以上家を空けてしまうことが出てくるかもしれません。

以上のような状態で、なるべく小さい頃から飼うとなると、何ヶ月もしくは何歳からが適切でしょうか。
月9日~10日ある休みや、家にいる時間は全力で猫に愛情を注ぎたいと思っていますが、
そもそもこの状態で飼うことで、猫が幸せに過ごせるかという所も心配しています。

ご意見、アドバイスお願い致します。

相談者が選んだベストアンサー

Good
3

灰色の猫さん

2021年04月27日

理想はいろいろあります。

でも、子猫を長時間ひとり(一匹)にしてしまう環境であっても
ニャンちゃんは病気になったり死んだりはしないですよ。

うちの場合、ですが。
(私は経験主義者なので、学校や学会で習ったことをそのまま言って
いる、自分自身で知りもしない獣医の言うことは、信用できないん
です)
生後1ヶ月行ってるかいないかくらいの子猫を保健所から引き取って
最初の1ヶ月は私も仕事探しをしていたので、ずっと一緒に
朝から晩までいましたが、その後は一人で昼間はお留守番の生活
でした。でも逆に、飼い主との結束が強くなったように思っています。
すなわち、お留守番があるからこそ、飼い主との時間が貴重に
感じるというような。
もともとその子はまだ1ヶ月の時に、親とはぐれ、野良特有の伝染病
にもなって、保護を求めていたので、人懐っこい子だったとも
思われますが、逆に、たった生後1ヶ月で野良の生活よりは、お留守番
があっても、暖かい部屋やご飯のある生活は、全然よかったのだとも思います。

また、状況は一転しますが、今うちにいる姉妹は2ヶ月から飼って
いますが、最初から私は仕事に出ており、朝7時半から夕方7時まで
お留守番でした。
でも、生まれてから一緒の姉妹だったので、いつも2ニャンで一緒で
さほどの「留守」感は感じていなかったんだと思います。
5ヶ月未満の子なら、兄弟・姉妹で飼うのも一手だと思います。

子猫の時から飼うと、環境に慣れるのも早く、比較的飼い主の状況に
合わせて成長することが多いです。
でも、成猫はおとなしく、一人でいる時間を楽しめますし、人間との
コミュニケーションも穏やかです。
ですから、子猫だけでなく、成猫も視野に入れて欲しいと思います。
質問者さんは、まだお若いようですので、最初は成猫、次に飼うのは
子猫でも、いいのではないでしょうか。

また、お留守番の時にケージに入れるというのは、結局人間都合です。
人間の部屋で猫を飼うのではなく、猫を飼う部屋に人間も住むという
感じで、猫が住むのに向くように、危ないものは置かない、挟まって
しまうような場所は作らない、嚙まれたりひっかかれて困るものも
撤去する等、環境を整えてくださいね。

カーテンをズタズタにする、布団やカーペット、ソファもボロボロに
なりますから(4~5歳過ぎると、これらは多少治まってきます)
その覚悟でお願いします。

できれば、私はペットショップの人工猫ではなく、野良・保護猫を
お迎えされて、猫本来の生態を楽しんで欲しいと思います。



これは一個人の見解で、質問者さんに押し付けるものではなく、
また自分の意見と反する他の回答者の方に対抗するための回答では
ないこと、こちらに記載させていただきます。
純粋に、私の見解や経験が質問者さんの参考になれば、と思い回答
させていただきました。

コメント: おまつ12085さん(相談者)

2021年04月27日

とても心強い回答、ありがとうございます。
慎重に、前向きに検討し、万全の準備をした上で、いつか猫ちゃんをお迎え出来ればと思います!

コメント: 灰色の猫さん(回答者)

2021年04月28日

追記:

日本も遅ればせながら女性が働いて自分の生活費を
稼ぐのが当然になってきています。

今は共働きが一般的で、子供がいても母親が働いている
家庭の方が多いです。

(また、シングルマザーなど多様な家庭もありますが、
そこで動物を飼ってはいけないことはありませんし、
親の愛が足りなくで子供がダメになるから、シングルマザー
が良くないなんてこともないです)


あなたは児童養護施設に勤務とのこと、夜勤やら肉体的にも
大変なお仕事なのでしょうし、
思慮深さや、他人を配慮したりできる能力が求められ、
精神的にも力のいるお仕事だと思います。

ぜひともお仕事も大事に続けて、ニャンちゃんとも暮らして、
公私ともに充実した暮らしをしていただきたいと思います。

従来の「模範人生」通りに生活しないといけないことはありません
から、ご自分で模索・開拓して新しいご自分なりの生活を構築して
欲しいと思います。


みんなの回答

  • ご内容拝見しました。

    ご不在の時間が多いようでしたら
    性格をある程度把握して迎えられる
    一歳半過ぎの成猫を迎えられた方が
    お互いにとって良いと思います。

    1歳ごろまでの子猫は、好奇心の塊で
    お留守番の際の安全を考えれば
    ケージの中で管理することに
    なると思います。

    ご不在時が長いと言う事は
    1番遊びたい盛りに遊び相手もなく
    ケージの中に閉じ込め過ごす時間が
    大半になるということになり
    子猫のストレスが
    大変溜まる状態になりますので
    お勧めしません。

    幼齢期の子猫は確かに可愛いですが
    かわいい分だけお世話が大変です。

    お一人暮らしで
    お一人で面倒みると言うことですと
    相談者様の思いもしない負担が
    おそらく増えると思います。

    無理をして負担覚悟で迎えた結果
    猫の心理的な不安定さを増大させ
    夜泣きなどが頻発し
    生活がままならなくなれば
    お仕事にも影響しますし
    鳴き声からクレームが入れば
    退去も視野に入ってきますし
    猫を手放すことにも
    なってしまいかねません。

    大げさかもしれませんが
    それぐらいの予測と覚悟を持って
    猫との暮らしを始めなければ
    お互いにとって
    残念な結果に終わる場合が多いことを
    あえて書き添えておきます。

    ある程度大きくなった成猫であれば
    いたずらしたくなるものや
    興味の範囲がわかりやすいため
    管理もしやすく
    お留守番の時はたいてい
    寝て待ってくれていますので
    生活自体に支障をきたすことも
    少ないと思います。

    無論、
    毎日の餌やり
    トイレの掃除
    身繕いなど
    お世話は必要です。
    猫との暮らしをどんなふうに
    イメージされているのか
    分かりませんが
    現実的なことを視野に入れ
    ご自身の生活スタイルに合った猫を
    お迎えしていただけたらと思います。

    ちなみに
    愛護団体では、譲渡にあたり
    飼養のミスマッチを事前に
    予防したいという観点から
    子猫の譲渡には特に慎重です。
    愛護団体からすれば
    子犬子猫の飼養の大変さを
    熟知しているからこその判断で
    譲渡審査を行うわけですが
    それが上手くつたわらなかったり
    どうしても、幼齢期からの関わりへの
    こだわりが捨てきれない方が
    結果的に、保護犬猫を諦め
    ペットショップから
    子猫や子犬を購入されてしまう方も
    多くいらっしゃいます。

    子猫や子犬の
    飼養経験がきちんと有れば
    その大変さをわかっていますから
    次の子を迎える時には
    子猫子犬を選択肢から外す方も
    いらっしゃいます。

    可哀想や
    可愛いさばかりで
    現実的な大変さを知らず
    犬猫を迎えてしまった結果
    飼育放棄に至るケースは
    知らされていないだけで
    本当に多いのが実情です。

    まさか、自分は
    そんなことしない。
    みんな初めはそう思っています。

    しかし、
    飼養環境やニーズに
    ミスマッチが起きれば
    犬猫か人間のどちらか
    または、両方が
    何がしかのストレスや我慢を
    強いられることになります。

    一般的に
    犬猫を迎える際には
    ご自身だけでなく
    家族全員の同意と覚悟
    経済的、心理的余裕の基盤が持てるかを
    しっかり確認された上で
    迎えるべきではないかなと思います。

    多くの人が勘違いをしていますが
    犬も猫も小さくても大きくても
    こちらがしっかり愛情もって接すれば
    何歳だろうが愛情を返してくれます。

    見た目の可愛さだけではなく
    お互いにシンパシーを感じ合えるような
    ご縁に恵まれることを
    お祈り申し上げております。

    長々と失礼いたしました。
    ご参考になりましたら幸いです。

    コメント: おまつ12085さん(相談者)

    2021年04月27日

    丁寧に回答して頂きありがとうございます!
    細かなところまでよく考え、慎重に決断したいと思います。

  • まさみぃ

    2021年04月27日

    Good
    1

    飼うかどうかは先の方のアドバイスをご参考に。

    私はこういったサイトで里親を募集する側ですが。

    とりあえず、アイコンの写真は変えられた方がよいと思いますよ。

    猫と暮らしたいとおっしゃっておられるのに、ヘビを首に巻いた写真というのは心象がよくありません。

    個人の趣味嗜好に口を出すつもりはありませんが、中には子猫を爬虫類の餌としてもらい受けるという輩がいるのも事実ですから。

    コメント: おまつ12085さん(相談者)

    2021年04月27日

    アドバイスありがとうございます。
    自分の写っている写真が無く、探しに探した物だったのですが、勉強不足でした。
    すぐに変更します!

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる