雑種の飼育方法に関する相談

回答受付終了
2020年09月28日まで
雪国でウールサッキングする猫の寒さ対策

雪国でウールサッキングする猫の寒さ対策

相談番号 6,235 / view 337

nobutan&marioさん

回答数
1

今秋から雪国へ転居しました。
冬が長くきびしい地域のため、ウールサッキングする我が家のねこの寒さ対策を悩んでいます。
特に日中の留守番中、毛布やラグ、クッション、靴下手袋など布類全般を誤食する子なので、一般的なねこ用あったかグッズが使えません。
ペット用湯たんぽも低温やけどが怖くて躊躇してしまいます。
同じような悩みを解決したアイディアがあればぜひ知りたいです。

みんなが選んだグッドアンサー

Good
0

fkfkmkrさん

2020年09月15日

こんにちは

私は雪国在住ではないので、経験談でなく憶測のコメントでしかなくて申し訳無いのですが

猫が好む素材でなければ、アルミ等の断熱マット系とかはどうでしょうか。
保冷バッグは冷たいものを入れたらそのまま長時間冷やせますが、温かいもの(猫の体温)を入れても温かさが長持ちします。
段ボールが平気なら、段ボールも比較的保温性が高いと思います。

その程度でダメなら、やはり電気代が高くなることを覚悟で暖房をつけっぱなしにするのが手っ取り早いと思います。
夏はもう室内のペットの為、全国的にエアコンを入れっぱなしにする昨今ですので、冬もエアコンに頼ってみてはどうでしょうか。

コメント: nobutan&marioさん(相談者)

2020年09月16日

回答ありがとうございます。

転居先の備え付けエアコンが残念ながら冷房のみのもので、冬はエアコン暖房には頼れません。
(当地は厳寒地につき、どうもエアコン暖房が一般的ではないようです)

不在中、灯油ストーブをつけっぱなしにするのは火災や一酸化炭素中毒の観点から当然できず、頭を悩ませています。

アルミ断熱マットは気にいるかどうか、今からぜひ試してみたいと思います。

コメント: fkfkmkrさん(回答者)

2020年09月16日

ご返信ありがとうございます

エアコン駄目ですか、残念。
灯油ストーブも厳しいとなると、オイルヒーターはどうでしょうか。
オイルヒーターは電気式ですし、一酸化炭素の心配はないです。
オイルヒーターに直接接触して低温火傷することが心配なら、周りに柵を組んでガードしても良いと思います。

コメント: nobutan&marioさん(相談者)

2020年09月27日

早速、アルミ断熱マットを試してみましたがあまり気に入らないようで、あいにく使ってくれません....


あれからいろいろ調べたところ、人感センサ&チャイルドロック付きのセラミックファンヒーターがあるらしく、それなら不在時も安全かなと考えています。
オイルヒーターも良さそうですね、検討候補に入れたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる