全般の飼う前にに関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
猫を迎えるために

猫を迎えるために

相談番号 6,167 / view 641

紫藤さん

回答数
4

ずっと前から猫を飼いたいと思い、ペット可の住居に引越し、脱走防止の柵や、クローゼットを開けなられないように工夫したりなど色々と準備をしているんですが、お迎えする猫ちゃんのことで迷ってます。
仕事をしてるので家を留守にしている時間がそれなり(8時間以上)にあるので子猫は不安だなと思いある程度大きくなった猫を飼おうと思っているのですが、
一体何歳くらいならば留守にする時間が長くても大丈夫でしょうか。もちろん寒暖を考え室温はエアコンで整えるつもりなのですが…初めて猫を飼うのでそれ以外の不安要素があるのかも今ひとつわかっていません。出来れば皆様の知恵をかしていただきたいです。よろしくお願いいたします。

一応猫の飼育本は何冊か読んでいます

相談に乗ってくださった皆様本当にありがとうございました。
なるべくいい環境で猫ちゃんをお迎え出来るように準備をしていこうと思います!

相談者が選んだベストアンサー

Good
2

yukimusiさん

2020年08月08日

こんにちは。私は 去年ぺっとのおうちを通じて4才の猫を迎え入れました。正確な誕生日がわからないため 今は 5才としています。 リビングを猛ダッシュしたり ボールを追いかけ ドリブル! 3階建てのキャットタワーから大ジャーンプなど 活発です。実家では 生後1~6カ月で迎え入れた3匹の飼育経験があり 子猫は カワイイのですが 母が つきっきりで お世話した期間がありました。私は専業主婦ですが 年令や体力を考えて 大人猫さんがいいなと思い 3~5才の猫を探していました。 大人猫だと たまの留守番のときも イタズラやトイレの粗相もなく 寝て 待っていますし 急な体調の変化もないです。(子猫よりは)

フルタイムでお仕事されているなら 5才前後の猫がオススメです。大人猫といっても 好奇心旺盛で 猫じゃらしも ヒモも大好きなので 楽しい時間が すごせますよ! ただ 猫も性格や好みはそれぞれ。うちは ケージの外で触るのに 半年かかりましたし 今も 抱っこはできません。ゆっくり じっくりお付き合いです。

事前準備は楽しいですよね。 ケージは あるといいですよ。うちは 猫が来てから あわてて購入しました。
私は 3度目の応募で 決まりました。 いい出会いがあるよう お祈りしています!
機会があれば また お話したいです。

コメント: 紫藤さん(相談者)

2020年08月08日

回答ありがとうございますー!
5歳の子でもそんなに活発にじゃれたりしてくれるんですね。
実は先日猫カフェに行った時子猫達は遊んでくれたのですが大人の猫達はあまり遊んでくれなくて、もしかして大人の猫って遊んでくれないのかな?それとも性格によって違うの?いや私のじゃらし方が下手なのかも?
と、ちょっと悩んでいたもので…。
5歳の子でも遊んでくれると知れて嬉しいです!
事前準備をしてるとこれから猫を飼うんだー!って気持ちでテンションが上がりますよね!
キャットケージですねあれはなんだか値段がピンキリな印象なんですけど、やっぱり高い方が頑丈とか違いがあるんでしょうか?近場にペット商品を扱ってる店が無いものでネットの意見を参考にするしか無いのですが、なるべく良いものを使いたいです。
機会があればこちらこそまたお話させてください(* ´ ˘ ` *)

コメント: yukimusiさん(回答者)

2020年08月08日

こんばんは。 補足させていただきますね。 うちでの ケージの使い方 → 閉じ込めて飼育はしていません。 猫は 狭い所、 暗い所が好きで 思わね所に潜り込んで 隠れたりします。 環境に慣れるまでは 家具の後ろに 隠れたりして 危ないため 猫の安全のため、 猫が安心して逃げ込める場所 として 使用しています。 55×64㎝ です。 保護団体から 譲り受ける場合は ケージの用意を 求められることが 多いですよ。 ケージ反対派の方もいらっしゃると思いますが 安全確保のスペースを 1つ用意する 。 必要に応じて 使用する くらいの気持ちで よいのではないかと思います。

他に 木製の3階建のキャットタワー を うちに来て3カ月後に購入。 高い所に乗るのが好きなようだったので 彼女の好みを 見極めてから 用意しました。 その時の気分で 好きな階で くつろいでいます。

あと イケアの人形用ベッド→ これを ペット用に使う人 多いですよね。 うちのは 実家にいた猫のおさがりです。

そして 私が子供の頃座っていた チャイルドチェア。 すごくいい椅子なので 脚立代わりにずっと持っていましたが すぐに お気に入りにされちゃいました!

猫は すでにあるものでも 上手に使ってくれるので 新しい物は 様子を見ながら揃えても大丈夫ですよー。
食器類、トイレ、爪切りハサミ 、ペット用ウエットティッシュ、キャリーケース などは お迎えが決まったら すぐ 用意されると いいですよ。 フードや猫砂は 受け入れる時 聞くといいと思います。

あと 動物病院も 探しておくと いいですよ。

猫カフェでは 時間帯によって 猫も まったり時間だったのかもしれませんね。 動物園でも 昼間は お昼寝してる動物が多いですし! うちの猫さんも お昼寝たっぷり 。 夜は 元気発剌です。

素敵な猫さんとの出会いがあるといいですね。
応援しています!

コメント: 紫藤さん(相談者)

2020年08月09日

詳細ありがとうございますー!
必要なものまで教えてくださって嬉しいです。
動物病院はここにお世話になろうと考えている病院はあるのですが評判等も調べておこうと思います。
そして猫カフェ猫さんがまったりタイムだったのかもしれないんですね、なるほどそう言う事もありますよね。保護猫の猫カフェだったのでどんな感じだろうという視察(?)も兼ねていたのですがまた別の時間帯にも言ってみようかと思います!
いい出会いがあるように応援してくださってありがとうございます(* ´ ˘ ` *)

コメント: yukimusiさん(回答者)

2020年08月09日

-- このコメントは削除されました --

コメント: yukimusiさん(回答者)

2020年08月09日

こんにちは。 私は 常時ケージ内飼育するのは よくないと思いますが 猫の 安心安全のために 上手く利用するのはアリ だと思います。 うちでは 来てすぐ 家具の下に潜り込んで出てこなかったため 購入しました。 すると 組み立て途中から入ってきました。 「怖かったら 逃げこんでいいよー」 という感じで 扉を開け 出入り自由の避難場所のようにしました。 今は 定期的にに入る 家の保守点検や清掃のとき 朝 家中の窓を開け換気し 床掃除する間の 短時間 入ってもらいます。
知らない人や 掃除機、コロコロが苦手で 逃げ回るので。 出入り自由なので 飛び乗ったり ドリブルしてきたボールを押し込んで サッカーのゴールポストのように使い 家族を笑わせてくれます!

環境に慣れるまでは ケージの助けが必要なコもいるでしょうし 病気や怪我の治療で ケージで保護する期間が 必要になることも あるかもしれません。 使い方を工夫すれば いいと思います。
ケージ と書いたら 反対派の方が 回答潰しのように反応して ビックリして 怖くなってしまいました。
いろんな 価値観、経験談があっていいと思いますが 持論を展開するなら ケージ推奨の保護団体やケージ飼育している人に 投げかければよいのに、、、と 悲しくなります。

猫カフェで触れ合う機会を持たれるなんて 前向きで ステキですね。
うちは トライアルなしで ロシアンブルーを迎えました。 本には 飼いやすい ボイスレスキャット などと書いてありますが 超ビビリで 神経細やか。 声に慣れてもらおうと 話しかけ 歌を歌っていたら
今では お返事したり ンニャ とかクルルルー とよく声を出します。
一気に距離を詰めようとせず 少しずつ 猫のペースに合わせることの大切さを 学びました。

いい出会い いいご縁 があると いいですね

コメント: 紫藤さん(相談者)

2020年08月10日

yukimusiさんのお家は猫さんと上手く生活してるんですね、とても素敵だと思います。
ケージは賛成派の方も反対派の方もいらっしゃるんだなぁと思ってご意見を読ませて頂いていました。どちらの方の意見もなるほどなと言う思いでしたが、私も窓を開いて掃除をしたりする方なので猫さんの脱走防止の為に一時的に入って貰う必要を考えるとケージは必要だなと思いました。
(窓が開いてても逃げない猫さんならともかく飼ってみるまでわかりませんしね)
ロシアンブルーの猫さんを飼ってらっしゃるんですね。やっぱり本に書いてある事と同じって訳じゃありませんよね。
私も猫さんを飼ったら猫さんに合わせたペースで過ごして行けたらいいなと思っています。
今回は本当に色々とお話して聞かせていただきありがとうございました。
またお話させて頂きたいくらいです。

みんなの回答

  • 灰色の猫さん

    2020年08月08日

    Good
    1

    一般的なことをご質問されていると思うのですが、
    まず、ケージに入れるのは辞めていただきたいと思います・・・
    (これを言うと、とたんに反発する方が多いのですが)

    人間の言うことをきいて褒めてもらうのが嬉しい犬と違って
    猫は自分の思うように自由に行動したい動物です。
    それができないと、ストレスが溜まってしまうと思います。


    まず、ニャンちゃんを住ませようと思っていらっしゃるお部屋は
    ‐高い所に落ちては困るものは置かない(ニャンは高い所が好きですから
    昇って、落ちて割れるようなものは置かない)
    ‐カーテンなどは引っ掻いたり、つたってレールに昇ると言うことを
    覚悟してください(うちは全室ブラインドですが、羽を噛んで
    ちぎれたりもしています)
    ‐細い紐状のものを噛むのが好きな子がいますから、
    スマホ充電器などは部屋に置かない。
    ‐ソファ、布団などを引っ掻いて中の綿が出たりするので
    その覚悟であまり高価なものは部屋に置かない。
    ‐しょっちゅう、ゲロゲロする子がいるので、汚されて困るものは
    部屋に置かない。(うちはゲロゲロ拭いた跡が目立たない色の
    カーペットを使用しています)
    ‐賃貸にお住まいのようなので、窓の木枠や木製の引き戸など
    爪とぎしそうな場所にはカバーを付ける
    (うちは、木でカバーを作ってはめているのですが、先代ニャンは
    そのカバーの上だけで爪とぎしてくれ、助かりました)
    ‐その他、隙間に入って危ないものや、噛まれて困るものは
    部屋に置かない。


    以上は私の経験からの一般的なことですが、
    ニャンちゃんにも個体差があって、ゲロゲロ全くしない子もいますし
    高い所に昇らない子もいます。

    私は過去に2ヶ月程度の仔猫をフルタイムで働いて飼ってきましたし
    現在1歳になった姉妹も、2ヶ月弱から飼っていますが、
    特に手がかかることもなく、ご飯は朝・晩2回で、全く問題ないです。
    (留守中に、部屋を荒らされたことはありますが)

    また、現在の1歳姉妹はびっくりするくらい大人しく、
    私が遊んでやる(遊んでもらってる?笑)時は大暴れしますが
    その他時間は、ほとんど寝ています。
    4ヶ月くらいの時に、帰宅したら1匹が高い所に上がっていて
    降りれなくなって固まっていたことがありますが(笑)、
    今は高い所にも登らないし、私の服など噛んだりも全くしないし
    (7・8ヶ月くらいまでは布団を噛んで綿を出していました。
    その綿を丸めて遊んでやっていました 汗)
    爪とぎは、カーペットでだけなので助かります。

    先代の子①は、4・5歳くらいまではもっとやんちゃだったのですが
    先代の子②(今もまだいます)は、大人しくて、じゃれることもない
    ような子で(猫じゃらし出したら怖がっていました 笑)

    このように、個体差があると思うので、飼う前から完全防備を
    することはできないし、ある程度は予想して対応したとしても、
    飼いながら学んでいくという姿勢も必要だと思います。


    ご参考になればと思います。

    コメント: 紫藤さん(相談者)

    2020年08月08日

    ご回答ありがとうございます。
    前の回答者様の意見も採用すると、
    ケージはケージで用意して出入り自由にしておいた方が猫ちゃんに取ってはストレスがたまらなくていいと言うことになりますかね?
    スマホの充電器コードなどは赤ちゃんがいじれないようにするコードカバーとかで何とか解決出来るでしょうか?床にはパネル式の絨毯を引いてるので爪とぎをしても吐いてもその部分だけを剥がして新しくしたり洗ったりはしてるようにしてるのですが、木枠とかは考えてなかったのでカバーをつけておこうと思います。
    それにしても当然ですが猫もやっぱり猫それぞれなんですね。
    私も飼いながら色々と学んでいきたいと思います!

    コメント: 灰色の猫さん(回答者)

    2020年08月08日

    もし出入り自由にできるようなケージを設置する・・・
    のでしたら、ケージより、キャットハウスとか
    ニャンちゃんが自分で選んで、好きになるような場所を
    設置するのはいいと思います。
    ニャンは狭い場所に隠れるのが好きな子が多いですから。

    ただ、お部屋にバルサンを焚くので風呂場に隔離するとか、
    どうしてもニャンを隔離しておく必要がある場合には、
    ケージは便利だと思います。

    病院は、キャリーを用意してくださいね。
    今は背負ったり、前に抱えるタイプのキャリーもあって、
    両手がふさがらないので便利なものもあります。

    コメント: 灰色の猫さん(回答者)

    2020年08月08日

    追記:
    スマホのコードなどは、袋に入れておけば大丈夫だと思います。
    そのまま裸でコンセントにつないだままだったりすると、
    確実にやられます(笑・涙)

    コメント: 紫藤さん(相談者)

    2020年08月08日

    追記のお答えありがとうございます!(*´ω`*)
    キャットハウスはあれですかね…用意しといて猫ちゃんが好きな場所が決まったらそこに置く…みたいな感じで大丈夫でしょうかね?初めからここ!って置いておく感じでしょうか?ちなみにバルサンはこの間焚いたばかりなのでしばらく縁がなくていいと思いたいです(苦笑)
    キャリー前に抱えるタイプのもあるんですね。知りませんでした。
    スマホコードは袋に入れておけば大丈夫ですか、良かった!朝の目覚ましに使ってるのでどうしても使えるようにしとかないと…目覚まし時計を買うべきかな…とか考えていました(笑)

  • 銀の猫さん

    2020年08月08日

    Good
    1

    こんばんは

    私も「灰色の猫さん」のご意見 ゲージを使わない方法に賛成です。
    生まれた時には既に祖母の猫がいて 人生の殆どの時間を猫達と共に暮らしてきましたが 猫をゲージに入れる事には賛成出来ません。余程の事情(住まいのリフォーム等で業者が出入りする等)がない限り 猫さんのホームグランドとする部屋を一部屋用意され、慣れるまではお留守番等はその部屋にいて貰えれば良いと思います。ゲージは人と動物を隔てる物だと思っておりますから 一緒に暮らす中で
    猫をゲージに入れたらフェアじゃないと思うのです。

    3~5歳位の年齢はお勧めだと思います。出来れば血縁関係に捉われず仲良しの2頭をお迎えしたら如何でしょう? 別々の処からではなく 保護活動家さんの処で
    普段から仲良しにしている猫さん達を。
    新しい環境に連れて来た時 一人ぼっちよりお互いに頼り合って精神的に落ち着き易いし、安定します。お留守番が長いと仰るので 飼い主様不在でも2頭でジャレ合って遊んだり くっついて寝たり出来ますから猫さんが寂しがる事も軽減できると思います。

    現在我が家では3頭おりますが末っ子が推定5歳の時(現在は推定8歳)に遠方の保健所から譲渡して頂いたメス猫、その上に13歳のオス 一番上が16歳のメスです。

    末っ子は 保健所の里親募集のプロフィールでは 「無関心 人馴れしていない、他の猫が苦手」と紹介されておりましたが 迎えてみると 人にも猫にもベタベタの甘えん坊 無防備で 好奇心旺盛です。 
    猫飼い仲間で よく言われる「隠し玉」なのでしょう。保護施設や保護家庭では
    本心を見せず 新しいお家に慣れ 覚悟が出来たら取って置きの本音を出してくれるのです。

    先住の兄猫にベタベタに甘え 何処へ行くにも着いて歩き ふざけっこや鬼ごっこで走り回る姿に癒されます。

    猫にも個性があり10頭いれば10通りの性格があるわけですから 始めて迎えるなら 既に仲良しの関係が出来ている子達を迎えれば 貴女様にも猫さん達にも負担が軽減出来ると思います。

    それから 初めて猫を飼う人向けの書籍を紹介させてください。

    「猫の学校」・・・猫と人の快適生活レッスン
    南里秀子著  ポプラ新書

    著者は長年キャットシッターのお仕事を通して猫達と飼い主様達と交流を深め、
    その経験談から 猫を飼うというスタンスと 猫と付き合うコツを紹介して
    おります。

    テーマは 

    猫の一生を学ぶ

    猫という動物を学ぶ

    猫の習性を学ぶ

    猫の生活を学ぶ

    猫の健康&危機管理を学ぶ

    猫と人の暮らしに大切なことを学ぶ



    猫さんをお迎えする前に図書館でお借りしてでも ご一読をお勧めします。




     

    コメント: 紫藤さん(相談者)

    2020年08月08日

    こんにちはご回答ありがとうございます!
    ケージは不要ですか…一応猫脱走しないように柵はつけているし、猫に触られたら不味いものは部屋の表?には置いてないのでそっちの方がいいんですかね。

    あと2匹同時にというのは里親募集でもよく見かけますよね。私も出来ることなら仲のいい2匹は一緒に引き取りたい人間なのですが住んでるマンションが猫にせよ犬にせよ1匹だけならOKそれ以上飼うなら管理人と相談との事なので今度管理人さんに掛け合って見ようかと思います。

    書籍の紹介ありがとうございます!
    早速図書館で予約したのでじっくり読ませて頂こうかと思います(* ´ ˘ ` *)

  • 犬やウサギたちに使う
    一段ケージではなく
    高所移動の出来る
    二段か三段ケージを買われることを
    お勧めします。

    他の方もおっしゃっているように
    普段は出入り自由の使い方で
    大掃除や工事の時など
    あちこちドアを開ける機会がある時などは
    二段ケージを避難先にしてあげて下さい。

    来客時など
    緊張から
    こちらが予想もしない動きを見せて
    猫を逃してしまう方もいます。

    外に出てしまえば
    事故にあわないでいられる方が奇跡です。
    戻って来る犬猫の話は
    滅多にないのでニュースになると理解して
    どんな子をお迎えするにせよ
    逸走防止のための
    万全の対策を取られて下さい。

    コメント: 紫藤さん(相談者)

    2020年08月09日

    なるほど、非常時の避難先に大切なんですね。
    もちろん完全室内飼いを考えているので外に出てしまったら大変ですよね、と言うかそんな事になったらと考えるだけでとても怖いです。
    沢山の方の意見を聞かせて頂きましたがやはり普段は自由に出入り出来るようにして何かあった時は入ってて貰えるようにケージは購入しておこうと思います。ご意見ありがとうございました。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する
PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる