野良猫の保護(猫)のその他に関する相談

回答受付終了
2019年07月12日まで
野良猫親子の捕獲、里親さがし

野良猫親子の捕獲、里親さがし

相談番号 5,243 / view 581

こまちとだんごさん

回答数
3

会社の倉庫で野良猫が子猫を2匹産みました。
この3匹をこのままほっておくことは、近隣にも迷惑になりますし、3匹ごと保護してやりたいと思ってます。
これまでうちでは、餌をやってなかったので、まずは餌を食べても安心という認識を与えるために、昨日、はじめて餌をやりました。30分後に行くと、子猫の一匹が皿のそばにいたので、どうやらたべてくれたようです。
餌付けを始めると、最後まで責任持たないといけないことは分かっており、禁断の道に足を踏み入れてしまった感はあります。でも、このまま、3匹の野良ネコのままや殺処分にはしたくありません。
今後、どういうふうに、この3匹を捕獲していったらよいか、また保護後の対応などどうしたらよいか、わからず困っています。
うちにはすでに1匹メス猫がおり、体質的に予防接種が打てない子なので、野良猫から私が病原菌をもちかえらないよう注意をする必要もあります。いろいろ調べると、野良猫に接した人の服や靴についた菌でも病気感染することがあると聞き、恐ろしく、やはり保護はやめようかと、迷う気持ちもあります。保護経験者の方々から、そういうときの適切な世話の仕方も教えていただければ心強いです。
実は、私自身、一度野良猫を保護して、保護施設に連れて行ったことがあるのですが、我が家の捕獲器は制度がにぶくある程度体重がないと作動しません。その野良猫は、大柄だったので捕獲器で捕獲し、次の日には保護施設につれてったため、保護をしたのはほんの数時間でしたので、そんなに問題はありませんでした。
会社は里親探しは協力しましょうという気持ちはあるようですが、最悪倉庫から追い出してしまえばいい(目の前から問題が消えればいい)という感じです。
結局、捕獲や世話などは猫好きな私にまかされっぱなしで、一人途方にくれています。親子3匹の捕獲、保護、その後の里親さがしなど、皆様方のアドバイスいただければと思います。

また少し相談内容 追記させてください。

子猫の様子からみて、すでに3か月近くたっているようです(もう、子猫でなく幼猫ですね。)
捕獲はまだですが、こころあたりとして里親を探しているのですが、ある方から「野良猫に育てられた子猫は2か月過ぎたら人には慣れんよ」と言われ「こんな猫もう人手はつかんよ。しかもよく人に勧めるね」と言われてしまいました。
その方は、家で猫を3匹飼われている方で、とても猫にはくわしそうでした。
本当にそうなんでしょうか? 

みんなが選んだグッドアンサー

Good
0

まさみぃ

2019年07月01日

具体的な捕獲方法は、悪意を持った人が目にする可能性があるのでこちらには書けません。

子猫と親猫を別々に捕獲すればよいのでは。
みんなを一緒に同じところに譲渡するのは、不可能に近いくらい難しいので。
それとも3匹一緒に引き取ってくれるところがあるのでしょうか・・・

病原菌については、捕獲段階ではそこまで神経質になる必要もないと思います。

即病院に連れて行くより、捕獲して最初に出た便を持って便検査とワクチンで病院に行かれたらいいでしょうね。
母猫は最悪リリースすることも視野に入れて、不妊手術の予定も組んだ方がいいでしょう。

保護する場合、先住と一切接触が起きない部屋で最低限10日~2週間隔離。
その隔離期間中に最大限の注意を払ってください。
手指は次亜塩素系で消毒(バイオフレッシュやジアエストなど多数あります)
出入りのたびに割烹着などを脱ぎ着して防御。

その時に体調がよければワクチンも打った方がいいです。

問題は捕獲した子猫を譲渡するまで、誰が保護するのかということ。
あなたが保護するなら、先住がワクチン未接種状態なら隔離が済んでも別にしておいた方がベストです。
保護した子はもちろんケージ内。
慣れない子を室内に放すと、家庭内野良になっていつまでたっても人に慣れません。

私も保護活動を個人で細々としておりますが。

いつも保護するときに念頭にあるのは
「里親が見つからなかったら、自分で飼う」ということです。
見つからなかったからリリース、というのは私はあり得ないです。
その辺どうするのか、も考えて置いた方がいいですよ。

健闘を祈ります

コメント: こまちとだんごさん(相談者)

2019年07月03日

お返事おそくなりました。
アドバイスありがとうございます!
捕獲方法なんか、この場でこたえられるものではないですよね。
私の認識が甘かったです。申し訳ありませんでした。

おっしゃられるとおりです。耳が痛い。
かわいそうという、中途半端な気持ちで 野良猫とかかわってしまっています。
でも、かかわった以上、最後までどうにかしてやりたいとも思います。

その後の動きですが、
子猫に関しては、なんとか引き取り手がみつかりそうです。
捕獲後の保護期間中も、会社の空いたスペースに置いてもらえることになりました。
(屋外に屋根つきのスペースがあります。)

なお、親猫ですが、元々野良猫とはいえ、そのままリリースは避けたいので、
避妊だけはさせようと考えています。

捕獲後の身の振り方はそれぞれきまりかけているのですが、
肝心の捕獲が まったくできずに焦っている状況です。

うちの倉庫が変な構造でして、内壁と外壁の間にちょうど猫が通りれるほどのすきまが壁ぞいにあるので、人の気配がすると、そのすきまにはいってしまって、でてきません。
そうなるとこちらはお手上げです。

ですが、昨日、知人の知人から捕獲機材を借り受けることができました。
TNR活動をされている方だそうで、捕獲方法などもアドバイスもうけました。
それで、しばらくがんばってみようと思います。

倉庫内の状態も、かなり猫が荒らしており、感染など気にかかる状況です。
なので、捕獲にも衛生的注意が必要かと思っています。
手指消毒はエタノール系のものを使っていたのですが、
次亜塩素系のものが有効なんですね。そちらに変えたいと思います。

たくさんの方に読んでいただいただけでも感謝です。
朗報が伝えられますよう、頑張りたいと思います。

みんなの回答

  • Love animalsさん

    2019年07月03日

    Good
    0

    こんばんは。

    私は3年4ヶ月前に、猫を保護してそのまま買っています。
    高齢猫だったことと、犬派の私にもとても懐いてくれて、一緒に元飼い主を探してくれた友人から「こんなに懐いているのだから、あなたが飼ってあげるのかこの仔の幸せだよ」と言われたからです。

    ノルウェージャン フォレスト キャットだったので、保護した時は毛玉だらけで汚かったですが、元飼い猫だったと考えられるので、油断していたら、2週間後、私が全身蕁麻疹になりました。目や口も腫れてきました。

    慌てて治療を受け、その後動物病院に行き、駆除のみだにの薬を猫の首の背中側につけました。

    純血種でも、野良になると、ノミダニが付いていることがありますので、捕獲したら、まずはノミダニ駆除をするのが良いかと思います。
    猫を連れて行かなくても、薬は売ってくれます。
    ノミダニ駆除をしてから、病院で血液検査、尿と版の検査などをやってもらいました。
    幸い、健康体でした。
    ノミダニが付いたまま病気に連れていくと、病院に迷惑をかけます。他の動物にノミダニが付いてしまう恐れがあります。

    上記の検査と、野良ちゃんならワクチンも受けさせると良いですね。

    保護団体は、子猫は里親を探して、親猫は避難、去勢をしてリリースすることが多いそうです。
    保護活動をしている方にそう聞きました。
    県によっては、避妊、去勢手術に補助金が出るところもありますので、事前に調べておくことをお勧めします。手術前に申請し、術後、補助金が出るところが多いです。

    猫が複数いる場合はお金も大変なので、里親を探して、避妊、去勢手術をすることを条件に譲渡するのも良いですね。

    ぜひ、捕獲して子猫は里親を探して幸せな一生にしてあげてほしいです。

    よろしくお願い致します。

    コメント: こまちとだんごさん(相談者)

    2019年07月03日

    お返事ありがとうございます。
    高齢猫を拾って そのまま面倒みられているんですね。
    とてもかわいらしい写真いやされました。

    私も、今飼っている猫は、スーパーの駐車場に捨てられていた猫でした。
    最初は、シャーシャーいって、1週間は 餌をやっても、まったくそばにもよりつきませんでした。
    でも、今は、私の一番の癒しになってくれており、かけがいのない存在になってくれています。

    だからこそ、捨てられてる猫、特に子猫をみると、
    ついうちの子とかぶってしまって、感情で動いてしまいました。

    ですが、他の方への返事にも書いたのですが、
    捕獲後のそれぞれの身の振り方はなんとかなりそうなんです。

    ただ、肝心の捕獲が・・・。
    これは 地道にやるしかないので、地道にやりますね。

    先住猫だけでなく、人間にもノミダニなど害があることも、よくわかりました。
    そのあたりは気を付けながら、
    なんとか捕獲して病院へつれていって処置をしてもらおうと思います。

    朗報がお伝えできるよう努力します。

    コメント: Love animalsさん(回答者)

    2019年07月05日

    お返事、ありがとうございます。

    私が保護した猫も、私の大事な宝であり、家族です。
    高齢なので、大事に大事に飼育しております。
    私が生まれた時にはすでに犬が数頭、猫も飼われていました。私が3歳になる前に猫は死んでしまいましたが、記憶にはしっかり残っています。
    その記憶があったから、保護した猫をそのまま受け入れられました。
    そして、猫の可愛らしさを教えてくれた猫なのです。高齢ですが美人猫です。
    友人たちも、可愛いと言ってくれます。
    時々見に来てくれます。
    実は私は犬派で、私自身が猫を飼うことは予測していませんでした。
    昨年犬も飼い始め、まだ子犬ですから、手掛かり、猫と一緒にいる時間が減ってしまい、申し訳なく思っています。
    それでも、毎食ウエットフードは、きちんと湯煎して温めています。
    長生きしてほしいです。

  • コロ蔵さん

    2019年07月04日

    Good
    0

    自分も猫飼い未経験でしたが、約二年前に家の庭に現れたお母さん猫と子猫二匹の合計三匹を保護しました。

    子猫は こちらのサイトとジモティーで里親募集をし、なんとか里親さんが決まりました。
    ただ、お母さん猫は 市の助成金を使って避妊手術後にリリースし(家には小動物がいるので猫は飼えない)、今も 自分が毎日ご飯をあげています。

    捕獲機を使っての捕獲時に気を付けた事は 先にお母さん猫を捕獲する事。
    先に子猫を捕獲してしまうと、お母さん猫が残った子供を連れて何処かに行ってしまう可能性があるので 先ずはお母さん猫を捕獲しないとと思いました。

    餌付けですが、自分は 捕獲機の入り口が閉まらないように細い針金で入り口の扉を開いたままの状態で止めておき、カリカリを入れたお皿を捕獲機の奥に入れて 捕獲機の中で食べる事に馴らしました。

    二週間が過ぎた頃、いつもは 三匹でいる猫たちが お母さんだけ先に庭に現れたので、「チャンス」だと思い カリカリの入ったお皿を捕獲機の奥に入れた後 入り口の扉が閉まるように針金をほどきました。

    予定通り お母さん猫が先に捕獲出来たので、そのまま避妊手術をしてくれる病院に電話して手術してもらいました。
    自分は最初から助成金を使っての避妊手術を予定していたので その説明と書類を貰っていたのですが、その辺は 事前に保護活動されている方から 助成金の申請方法や その方達がよく利用される病院とかを訊いておく方がスムーズに行くと思います。

    あと、同時に三匹保護出来れば良いのですが、捕獲機の数の関係上無理だと思うので 残った子猫が何処かに行ってしまわないように シッカリと餌付けして置く事と、お母さん猫はリリースするにしても 子猫二匹を捕獲し終わるまでリリースしない。
    なので、捕獲機は 出来たら二つ借りれたらスムーズに行くと思います。

    あと、お母さん猫を捕獲する時に もし子猫も一緒に同じ捕獲機に入りそうになったら 子猫がその捕獲機に入らないように対策しておかないと 二匹同時に捕獲機に入っても入り口の扉が閉まらず失敗に終わる可能性が高いからです。
    恐らくチャンスは 一度だけです。
    一度失敗したら 何処かに行ってしまうか、二度と捕獲機に入ってくれないと思った方が良いので 慎重に行ってください。(特にお母さん猫は)

    頑張ってください。

    コメント: こまちとだんごさん(相談者)

    2019年07月04日

    実は、気が焦ってしまい、2日前に親猫の捕獲に失敗してしまいました。
    それ以来、まったく姿をみせず(涙)。
    ただ、捕獲器の中に夕方餌をいれておくと、朝にはなくなっているので、食べには来ているのだと思います(たぶん他の獣でなく親子猫であってほしい)。

    餌付けに2週間かけられたのですね。あと3日くらい様子をみて、それからと思っていたのですが、それくらい様子を見た方がよいのでしょうか?

    猫の住みついている場所は、会社の倉庫なんですが、会社側は餌付けに反対です。捕獲のための餌付けだといっているのですが、餌付けするとその場に居つくからやるなら倉庫外でやるようにといわれました。
    しかし倉庫内にすでに居ついているのに、外でやってエサ場を認識してもらうのにまた時間がかかるし、逆に他の野良猫や動物のたまり場になりそうだし・・・。

    とにかく「早く捕獲するので」と許可をとっての捕獲作戦なので、早く捕まえなければという気持ちばかりが焦って焦って、逃がしてしまいました。

    ここのみなさんや、心ある友人たちのおかげでなんとか頑張れてますが、猫だけでなく、こちらも追い詰められて、精神的に参っています。

    コメント: こまちとだんごさん(相談者)

    2019年07月25日

    相談受付終わりましたが、回答いただきました方々、この相談を見ていただいた方々に報告させてください。

    捕獲に焦りすぎたのと、いつもは人気のない倉庫内での作業などが続いたせいか、親子ともども倉庫から姿を消してしまいました。

    姿を見ない以上、手の打ちようがないと思っていた矢先、知り合いのつてで捕獲器を借りることができました。

    ダメもとで倉庫の近くに仕掛けたところ、親猫の捕獲に成功。
    その後、避妊手術をして、術後の養生中に続けて2匹の子猫の捕獲にも成功しました。

    子猫2匹の飼い主も、なんとかつてを頼ってめでたく7月20日には決まりました。

    親猫はやはり生粋の野良猫のようで、とても人の手で飼うことになりそうもなく、引き取り手もないことから、手術の養生後、元のテリトリー内に放しました。

    それ以後姿を1回しかみてませんが、手術という痛い目にあった上に監禁(ゲージで保護)までされて、嫌な思いしかないのか、会社近くには寄ってこないようです。
    元々、ここで餌をやっていたわけでなく、出産場所として倉庫を利用していたようなので、どこか別で、餌やおやつをもらえる場所があったのではと考えています。

    これでよかったのかなと思うこともありますが、たくましく元気でやっていけてることを祈っています。


この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社