能登猫救出大作戦 決行中

文鳥の飼育方法に関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
文鳥メスの発情抑制について

文鳥メスの発情抑制について

相談番号 7,766 / view 178

risa19さん

回答数
2

文鳥の発情抑制についてお知恵を貸してください。

現在、文鳥のオス(9歳)とメス(3歳)と暮らしています。
メスの文鳥が無精卵を産むようになり、
今年だけで17個も産んでしまっています。
発情対象はオスの文鳥なので、
最近、部屋を分けているのですがメスの呼び鳴きが凄いです。
放鳥すると疲れたかのように、目を閉じて側にいます。

文鳥は寂しがり屋とのことなので、
各々の部屋に数十分いたり、気配を消さないようには心がけて、
環境に慣れてくれるのを待っているのですが、
外出もするので、困っております。

産卵は体力も使うし、
卵詰まりの恐れもあるのでさせたくありません。

同じ部屋にいる環境で、
発情をさせない方法はありますでしょうか。

(カロリーの高い餌を含めておらず、つぼ巣は入れておりません。)

相談者が選んだベストアンサー

Good
0

ここにゃんちゃんさん

2024年04月26日

risa19さま
鳥飼いです。小鳥の場合メスの一羽飼いでも発情はおろか産卵もしますので、どうかオスメス番で飼ってしまったことに関してそんなに胸を痛めない下さいね。メス鳥の産卵は命を縮める行為であり卵詰まりの心配までしてくれているrisa19さまは私から見たらとても素晴らしい鳥飼いさんだと思います。

さて本題なのですが発情抑制というか産卵を止めるのに一番効果的なのはメスの体重を減らす、それが一番です。今のメスの体重は何グラムありますか? 文鳥の体重の平均は25グラムとありますので、それを越えると肥満です。そしてメス鳥は体重が増えれば増えるほど卵を産んでしまいますので注意が必要です。まずはオスメスを分けて体重管理をしてみて下さい。只小鳥の体重管理は少し難しい部分がありますので、またわからない事がありましたら質問して下さいね。少しでも参考にしていただけましたら幸いです。

コメント: risa19さん(相談者)

2024年04月26日

コメントありがとうございます。

メスの飼育方法の難しさを知らずにお迎えしてしまいましたが、
大切にする気持ちは強いので、お優しい言葉に救われました。

メス文鳥の体重は、現在28gです。
卵が2gあるので通常時が26gですね。
産卵期は30gまで増えたことがあるので、
体重に気を付けて今は別々の部屋で過ごしてもらおうと思います。
アドバイスいただき、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

みんなの回答

  • 灰色の猫さん

    2024年04月25日

    Good
    0

    回答にはなりませんが、素朴な疑問です。

    産卵させたくないし、別々に飼っている・・・では、なぜ、オスとメスを飼っておられるのでしょうか。

    だったら、オス同士で飼えばいいのに って思いました。

    発情しているのに行為ができないというのは、犬猫だけでなくどの生き物にとっても同じくストレスになると思います。生き物は、命をつなぐ活動をすることが生きる喜びとなるようにできているんですから。まして、鳥は犬猫と違って避妊・去勢手術などできませんし・・・

    故意にオスメスのペアで飼っているのに、そうである結果が困るという矛盾した人間の都合を押し付けるのは可哀そうじゃないですか?

    コメント: risa19さん(相談者)

    2024年04月26日

    コメントありがとうございます。

    何故オスとメスで飼っているかですが、
    お迎えした文鳥が結果的にメスだったということです。
    雛の頃にお迎えしたので性別不明でした。

    性別不明のままお迎えした飼い主の責任で、
    可哀想なことをしているのは重々承知しております。

    発情抑制をせず自然に任せるほうが良いのでしょうか。

    コメント: 灰色の猫さん(回答者)

    2024年04月26日

    -- このコメントは削除されました --

    コメント: 灰色の猫さん(回答者)

    2024年04月26日

    私にそのような事をきかれても・・・
    何も考えずに飼ったのでしょうか・・・

    可愛いからと後先考えず安易にヒナを飼ったけど、ああ、困った・・・そこで安易に相談。
    結構いる、自分本位な人間に思えたのでこのような疑問を投げかけてみました。

    後の方がご質問内容に回答されていますので、私の事はご放念ください。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる