オウムの飼育方法に関する相談

回答受付終了
2020年10月13日まで
キバタン(大型)の飼育について。

キバタン(大型)の飼育について。

相談番号 6,258 / view 353

あす子。さん

回答数
2

相談をさせてください。

今年の5月からボタンインコを飼いはじめ、つい先日(数日前)キバタン(1歳♂)をお迎えしました。
鳥の飼育は旦那がオカメインコの飼育経験がありますが
私は全く経験がなく、ボタンが初めての飼育となります。

以下、ある程度の批判は承知の上での書き込みとなりますが、
キバタンについてのご相談です。

鳴き声や寿命、その他メリットデメリット、
いろいろなものを決心して、防音ケージなども購入し、
家族とも相談をしてお迎えをしたのですが、
自分の飼育に自信がなくなってしまっています。

旦那と子どもたち(1年生女児、6年生女児)は、可愛い可愛いと言っております。

もちろん現状キバタンを里親に出すという選択肢はありませんが、
ネットでネガティヴな情報ばかり仕入れてしまったせいか、

ボタンとの飼育のギャップ、例えば、ひとりで病院に連れていけるのか、
そもそも、ケージに入ってくれないのではないか
発情期へのそなえ、先のことばかり考え、
育児ならぬ飼育ノイローゼのようになってしまっています。

今後前向きにキバタンと付き合っていくためにも
同じような経験をした諸先輩方がどのように乗り越えていったのか
ご教示いただきたく投稿いたしました。



みんなが選んだグッドアンサー

Good
3

のん.Sさん

2020年09月30日

こんばんは
鳥さん飼育初心者でキバタンとは
思いりきりましたね

ボタンさんとは別物の思ってください

我が家では、ずっ~とセキセイやボタン、オカメなど
飼っていて
最終到着点でコバタンを飼っています
(キバタンよりは小型ですが)
さんざん色々な子を飼っていましたが
やはり違います
頭の良さが違います
それれだけに可愛くもあり、
困ったちゃんでもあります

ちゃんと手乗りに仕込んでいれば
獣医さんには1人でも連れていけます
ただ、大きな籠で連れ行くのは大変なので
移動用の小型の物を用意してください
ただ、キバタンクラスになると
普通の獣医さんではお断りされます
犬猫も飼っているので
いつもの獣医さん試しに聞いたら、
オカメくらいまでなら見れるけど・・と
お断りされました
なので、購入した鳥屋さんに
病院を教えてもらいました
行ける範囲に鳥の専門病院があれば
それが一番いいですけどね

先に述べたように
小型の子とは全く違います
私は夏場でもトレーナーやジャージで
腕を保護して遊びます
それでも傷が結構つきます

声が半端ないです
うちの子は遊んでほしくて雄たけび上げる事があります
今は、玄関に鳥かごを置いているのですが
来客時などはおはようだのこんちはだの
おしゃべりして愛想を振りまいています

破壊パワーが半端ないです
コード類ご注意ください
これから寒くなると保温のための
ヒーターを入れると思いますが
このコード、気を付けてくださいね
うちは、3回くらいかじられて
日本の冬に慣れたせいもありますが
ヒーター付けてません


長命です
うちの子は既に20年以上生きてます
その間に母は亡くなりました
メインの世話は私がしていますから
問題無いですが
あなたのご家庭ではどうですか?
全員にお掃除やごはんやりなど
出来るようにさせてくださいね
慣れていないと
大型だけに難易度が高いです
特に、1度嚙まれると
怖くて遊べなくなる人もいます
そんな時でも出来るだけ遊んであげてください
なお、嚙まれた時はきちんと消毒してください
嘴が食い込むので嚙まれ方によっては
傷口がふさがってきても中がまだまたな時があります

色々思いつくままに書いて
ネガティブな事を多く書いてしまいましたが
きちんとお世話して可愛がってあげれば
それはそれでこんな物で終わります
ボタンちゃんとは比べずに飼育してあげてください
比べても無駄ですから
ともかく、ご家族みんなで
きちんと末永くお世話してあげてください
うちは、父は最初だけ遊んで
ありあまるパワーといたずらに
途中で遊ばなくなりました(;^_^A
そんな事にならないように
頑張ってください

コメント: あす子。さん(相談者)

2020年10月01日

のんさん

お返事ありがとうございました。

なるほど、延長線上というよりは
種族が似たようなもので別の動物と考えたほうが確かに
ボタンに引きずられなく過ごせるかもしれないですね。

獣医さんは、幸運にも近所にリトルバードさんという
鳥専門の病院があるので、そこをかかりつけにしております。

まだ、日が浅いせいか
指を持ってはむはむはしてくれますが
手には乗ってはくれません。

まずはパーチに乗れるように少しづつ練習をしてみたいと検討しています。

ヒーターたしかにやられてしまいそうですね。
結構重量感のある木のおもちゃをバキバキにしていたので迫力を感じました…

今、子どもだちの日々のお世話ができるように
少しづつ仕込んでみることにしました。
それだけでも心が少し軽くなることに、気がつきました。

心強い奇譚なきご意見をありがとうございました。
末長い生活になるので、少しづつ勉強しながら精進して参りたいと思います。

みんなの回答

  • セサミ@八王子さん

    2020年10月01日

    Good
    0

    あす子。さん、はじめまして。リトルバードクリニックのK先生(コザクラとかボタン好きですよね)に、うちの子もお世話になってました。
    飼鳥歴5か月で大型インコ(あ、キバタンはオウムでした^^ゞ)とは、のん.Sさんもおっしゃられてますが思い切りましたねぇ(*^▽^*)。運命を感じちゃったんでしょうか。
    犬・猫・象・猿や人間といった哺乳類と同じくくりで鳥類がある…ので、極端な例でいうと、仮に『ハネジネズミ』というネズミを飼っている人が『同じ科だからゾウを飼おう』と思って飼っちゃった-て事と、サイズの違いはあるけれど大雑把にそんな感じ。違って当たり前だよなぁ~って感じが伝わり易いかな?
    まぁ、小難しい事はさておき(@_@)…
    健康面や事故に対して老婆心ながらちょっと補足したくて書き込ませて頂きます。大型インコさん全般に言える事ですけどね(*^▽^*)。

    我が家はコイネズミヨウム2羽、スミレインコ2羽(スミレコンゴウではない)、アオボウシ1羽の5羽の大型インコが居ります。
    これが種類では無く、一羽一羽全然性格が違うんです。もう好き嫌いも違う。子育てと同じですね。

    齧るパワーもさることながら、ボタンちゃんとは体格差があるので、当然興味を持つ物も大きかったり、それなりに価格の張るものだったりするので、お互いにイタイ思いをするものに注意です。
    お嬢さん達、大切なモノは片付けましょう(^O^)/

    ヒーターを破壊されるのも手痛い出費になりますが、通電中のコードやプラグ、コンセントをダイレクトに破壊される危険もあります。これは、感電死や火災を起こす危険に繋がります。
    また、ひっくり返した水がたまたま球状の飾り物や灰皿に入って、レンズ効果による出火…という事例もあったようです。

    中毒として…金属はレースカーテンの裾に入っている鉛を咬んでしまった鉛中毒。玩具の付属品の金属からの中毒。アクセサリーの留め金を飲んでしまった。テフロン加工のフライパンで調理した際に中毒死。アロマディフューザーが基の呼吸器疾患で事故死。
    植物は…基本的に観葉植物全般。掲載されているサイトもあるので、良かったら調べてみてください。小4の姪っ子はちゃっかり夏休みの自由研究のお題にしてました。

    最後に日々の健康診断の時に付け足し。
    体重を量ったりした際に自分の鼻とオウムさんやボタンちゃんの鼻を当て(できるだけ近付け)て、体臭や口臭、鼻息をチェックしましょう。健康な時の臭いを覚えておくと、体調を崩した時に臭いがかわったり(我が家は香ばしい匂いになります)、臭い自体が消えたりする(アオボウシやスミレ♀はこのタイプ)ので、症状として表れる前に対処できます。ごく軽症なので、大抵整腸剤とビタミン剤を処方してもらうだけで済み、鳥自身の体の負担も少なく、お財布にも優しい。鳥さんの腸内フローラを壊したくない健康志向の飼い主さんにもお勧めです。

    それでも困った時には、認定NPO法人で勉強会を開いている所もあります。
    リトルバードでも資料は置いてあるので、質問してみるのもお勧めです。

    コメント: あす子。さん(相談者)

    2020年10月01日

    ご意見とアドバイスありがとうございます。

    やはり自分の考えがとても甘かったのではないかと
    今少々自信喪失気味でございます。

    もしかしたら自分が1人で全ての世話をしなくてはいけないと
    気負いしすぎているせいもあるかもしれないですが…

    コメント: セサミ@八王子さん(回答者)

    2020年10月02日

    -- このコメントは削除されました --

    コメント: セサミ@八王子さん(回答者)

    2020年10月02日

    最初に、不必要に怖がらせてしまったようで本当にごめんなさいm(_ _)m。
    一人でお世話しようと思わずに、是非ご家族みんなでお世話してあげましょう(^O^)/。不安になったらジャンジャン質問投げましょう!
    大切な事を一つ忘れていたので付け足します。
    空気清浄機は是非購入した方が良いと思います。オカメと暮らしていた旦那様はご存知かも知れませんが、『脂粉(しふん)』という白い粉が分泌(!?)されます。撫でると手が白くなるアレです。オカメ以上に出ます。
    ボタンさんやコザクラさん達は比較的に埃に敏感なので、籠は最低50㎝以上離したり、網戸のような目の細かい”ついたて”のようなもので仕切って、粉をできるだけ吸わないようにしてあげた方が良いです。人にも言える事で、オウムやモモイロインコとずっと一緒に生活をしていたのに、ある日突然鳥アレルギーになってしまって、泣く泣く施設に引き取ってもらったという話が稀にあります。勿論、杉花粉のようにアレルゲンに対する感受性の違いもありますし、全員が発症するというものではありませんが、鳥達も家族として長く楽しく共に暮らすために、避けられる努力はした方が良いです。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • ENEOSでんき
  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社
ペットのおうちアプリアイコン

この機能はアプリ専用機能です

スマホアプリ版では動画を再生することができます。

閉じる