能登猫救出大作戦 決行中
サポートメンバー

希望条件に合うペットが掲載されたら即時通知

サポートメンバー限定機能で里親になる確率UP!

募集番号:480747 掲載期限:2024年04月30日 まで

★シニア部★23-W396赤い糸待ってます!!

  • Ribbon Bookmark
  • View:8,605
  • 掲載日:2024年01月09日
現在所在地
滋賀県 高島市(大阪譲渡会面談希望の場合はお申し出下さい)
種類
フレンチ・ブルドッグ
年齢
老犬 (8歳前後)
雄雌
メス
サイズ
小型犬
ワクチン
接種済み
去勢
去勢していません
単身者応募
単身者応募可
高齢者応募
不可
英語対応
不可

譲渡誓約書を取り交わさないペットの譲渡は動物虐待です。

誓約書の取り交わしを完了してからペットを譲渡して下さい。
相手が応じない場合は即時やりとりを中止し管理者に通報してください。

里親募集種類
飼い主から保護した(生体販売・繁殖事業者からの保護を除く)
募集経緯

多頭飼育崩壊現場からレスキューしています。

生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!
性格・特徴

穏やかな大人しい子です。
どのワンちゃんとも仲良く遊べます!!
私達の願いはシェルターに長く滞在する事を避け、一日でも早く一般のご家庭でゆっくりのんびり過ごさせて頂きたいと願っています。

シニア部のわんちゃんに関しましては、今後里親様宅で年齢を重ね、医療費などもかかって来るかも知れません。
団体では、少しでも里親様のご負担を軽減するため、ご負担金の一部を団体が負担しております。

シェルターで最期を迎える子も多々います。
長年、苦労して来た子達です。
余生にどれくらいの時間が残されているかは誰も分かりません。
現在は、元気に食事もし日向ぼっこを楽しみながら遊んでいます。

少しの時間でも一般のおうちに橋渡しが出来る事だと思っております。

ご高齢者様への譲渡も可能でございます。
飼い主様に何かございました時には、団体にて引き受けます。

何なりとご質問をお受けしております。
宜しくお願い致します。

健康状態

現時点では食欲も旺盛で排便もきれいです。

*未不妊の子に関しましては、ホームドクターとご相談の上実施出来ればお願いしたいと思います。
(団体協力病院での手術も可能でございます。)

引き渡し方法

滋賀:第1・第3日曜日
大阪:第2・第4日曜日の譲渡会にご参加下さい。

***滋賀本部のみ平日14:00から16:00(第2・第4の日・月はおこなっておりません。)までは連日ワンちゃんを見て頂けます。

面談を受けて頂き、当日のお渡しとなりますのでキャリー・首輪・ハーネス・リード等、ご持参下さいませ。

その他・備考

沢山の保護犬たちの中から、お目にとめて頂き誠にありがとうございます。

譲渡会へ必ずお越し頂ける方に限ります。

ペットのおうちのアンケートを入れて頂きましたら、詳細を返信させて頂きます。

この募集は終了しました

譲渡費用について :

飼育ならびに医療費等(全頭一律) 10,000 円
マイクロチップ 3,000 円
狂犬病予防接種 2,750 円
諸経費 5,000 円
合計金額 20,750 円

譲渡費用に関する注意事項 :

協力病院での不妊手術・血液検査をご希望の方へ
不妊手術 \15000
血液検査 \10000
にて、ご予約出来ます。

from ぺっとのおうち

この里親募集は保護活動者によるものですので、費用の請求が可能です。ただし、募集情報に明記されていない費用の請求は一切禁止です!!

詳しくは「 会員種別と譲渡のルールについて 」をご確認ください。

募集対象地域 :

北海道 |
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 |
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 |
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 |
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 |
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 |
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 |
佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 |
沖縄県 |

募集対象地域備考 :

大阪譲渡会または滋賀譲渡会に参加して下されば地域は問いません。

この里親募集をお友達に教えてください:

ドッグフードの定期購入で殺処分ゼロへ!おすそ分けプロジェクト ペットフード編
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる