サポートメンバー

希望条件に合うペットが掲載されたら即時通知

サポートメンバー限定機能で里親になる確率UP!

募集番号:480716 掲載期限:2024年01月31日 まで

12/10生まれ☆雑種の赤ちゃんです

  • Ribbon Bookmark
  • View:5,414
  • 掲載日:2024年01月08日
いなりあげもち さん
掲載者 いなりあげもちさん
会員種別 一般会員
ユーザーID 1077030
現在所在地
大阪府 和泉市
種類
その他の雑種
年齢
子犬 (0歳)
雄雌
オス
サイズ
中型犬
ワクチン
未接種
去勢
去勢していません
単身者応募
不可
高齢者応募
高齢者応募可
英語対応

英語での応募も可能

Entries in English
accepted

譲渡誓約書を取り交わさないペットの譲渡は動物虐待です。

誓約書の取り交わしを完了してからペットを譲渡して下さい。
相手が応じない場合は即時やりとりを中止し管理者に通報してください。

里親募集種類
保護時に妊娠していたペットが出産した
募集経緯

数か月前に我が家にきた保護犬が
妊娠しており、6つ子ちゃんを産んでしまいました☺????

12月10日の夜間に生まれ、全員無事にスクスク成長中です

お母さん犬が雑種(中型犬)の為
赤ちゃんたちも雑種となり
成犬になった際のサイズや毛の配色なども
まだまだ分かりません。

生涯たっぷりの愛情を持って
家族として迎え入れてくださる方を募集しております

病気(既往歴)やアレルギーにつきましても
まだまだ不明の状況ですが
お母さん犬は病気・アレルギーともになく
とても元気で賢い女の子です♪
(1/8現在 以下の食物へのアレルギーは反応は出ておりません
鶏・牛・南瓜・キャベツ・白菜・牛乳)

産まれた6匹の内、体の小さい子や
元気のない子も特におらず
現在のところ6匹とも元気に
お母さんのお乳を飲んで、離乳食を食べて寝ての生活です☺

既にトイレの認識があるようでトイレはサークル内のペットシーツの上で行っております
母親犬も粗相などはしませんので、かなり賢い子たちのようです

譲渡をお考えの方がいらっしゃいましたら
他のお写真もお送りいたします

譲渡日につきましては
赤ちゃんが無事に成長しましたら
60日後(2/11以降)ご都合の良い日に行います

ある程度の距離まででしたら
こちらからお送りも考えております

1匹からでも兄弟数匹でも構いません
気になられましたら是非、お問合せくださいませ

生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!
性格・特徴

まだ赤ちゃんなのでなんとも言えませんが
とっても食いしん坊です

授乳期からいち早く哺乳瓶での授乳を覚え
すごい速度でミルクを飲みほしていました 笑

ごはんの後はいつもお腹がはちきれそうなくらい膨らんでいます

よく食べ、よく眠るいい子です

現在のところ毛色は黒ベースでところどころ茶色が混ざった
ブリンドルカラーのような柄です

とっても優しい顔をしてます、男の子なので甘えん坊さんになるかもしれません

健康状態

兄弟1の食いしん坊でとても健康です

引き渡し方法

手渡しでの引き渡しになります

日程のすり合わせは必要になりますが
ご自宅まで赤ちゃんをお届けすることも可能です

その他・備考

お母さんが雑種犬ですので
成犬になった際の大きさ・体の配色など
本当に未確定で予想ができない状態でございます

どんなふうに成長しても変わりなく愛し
大切にしてくださる方を募集しております

この募集は終了しました

譲渡費用について :

費用請求禁止 0円

from ぺっとのおうち

注意! 一般会員による里親募集ですので、飼育費・医療費等の費用請求は禁止です。詳しくは「 会員種別と譲渡のルールについて 」をご確認ください。

募集対象地域 :

北海道 |
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 |
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 |
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 |
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 |
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 |
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 |
佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 |
沖縄県 |

募集対象地域備考 :

全国どこでも構いません☺たまにでよいので元気にしているお写真を送って頂きたいです

この里親募集をお友達に教えてください:

ドッグフードの定期購入で殺処分ゼロへ!おすそ分けプロジェクト ペットフード編
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる