能登猫救出大作戦 決行中
  • 保健所収容
  • この情報は、保健所等の施設に収容されているペットの情報です。譲渡は施設のルールに基づき行ってください。ボランティア様による代理投稿ですので、すでに里親が決定している等、情報が旧い場合がございます。あらかじめご了承ください。
サポートメンバー

希望条件に合うペットが掲載されたら即時通知

サポートメンバー限定機能で里親になる確率UP!

募集番号:489684 掲載期限:2024年05月31日 まで

緊急!幼い4兄妹収容 早めのお迎え希望

  • Ribbon Bookmark
  • View:3,404
  • 掲載日:2024年05月29日
dog.cat_2015(保護活動者)
掲載者 dog.cat_2015
会員種別 保護活動者(非法人)
ユーザーID 185059
施設名
山口健康福祉センター防府保健部 食品衛生課
施設住所
山口県 防府市駅南町13-40
種類
その他の雑種
年齢
子猫 (1.5)
雄雌
メス
ワクチン
不明
去勢
去勢していません
猫エイズ(FIV)
猫免疫不全ウイルス感染症
不明
猫白血病(FeLV)
猫白血病ウイルス感染症
不明
単身者応募
不可
高齢者応募
不可
英語対応
不可

譲渡誓約書を取り交わさないペットの譲渡は動物虐待です。

誓約書の取り交わしを完了してからペットを譲渡して下さい。
相手が応じない場合は即時やりとりを中止し管理者に通報してください。

募集経緯

山口県のセンターはセンターに収容されれば基本一週間という短い収容期限があります。その期限内に新しい飼い主に巡り会えなければその後、愛護センターに搬送され、一部譲渡可能な子(子犬や子猫がほとんど)は殺処分を免れますが、ほとんどの子は殺処分されてしまいます。どうか、この子達が愛護センターに搬送される前に温かい手を差し伸べて下さい。お願い致します。

生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!
性格・特徴

幼い子猫です。
生後1.5ヶ月位。

性別
黒→不明
黒→不明
三毛→メス
三毛→メス

出来れば2匹兄妹ずつのお迎えが希望です。
幼い子達ですので、早めにセンターにお迎えお願いします。
(センター開館9時)

温かいご縁お待ちしております。

健康状態

フードは食べているようですが現在、センターに収容されているため、詳しい検査はできません。
お迎え後は、かかりつけの病院にて受診をお願い致します。

※保健所に収容されている犬猫のほとんどは、もともと飼育管理されていない為、健康状態や性格などの保証はできません。
また、成犬のメス犬の場合妊娠の可能性もゼロではありません。

引き渡し方法

山口県防府市駅南町13-40
0835-22-3740
最寄り駅:防府駅[港口]徒歩10分

9時00分〜16時30分

センターの譲渡条件に従っていただきます。
身分証明書、キャリーケースをお持ち下さい。

その他・備考

※応募される前に※
センターに収容されている子はトライアルはできません。

必ずご家族と相談された上、センターにお問合せをお願い致します。
※最後まで寄り添って過ごして下さる方。

※ペット飼育可能な住居にお住まいの方。

※脱走対策、完全室内飼育、避妊去勢手術実施、ワクチン接種、健康管理をきちんとしていただける方。
(特に脱走対策に際してはセンターの方で確認がある場合があります。)

※センターへのお迎えは平日のみとなります。土日祝のお迎えはできません。

センターでは来訪者順に譲渡手続きとなります。予約はできません。

この募集は終了しました

譲渡費用について :

合計金額 0 円

from ぺっとのおうち

この里親募集は保護活動者によるものですので、費用の請求が可能です。ただし、募集情報に明記されていない費用の請求は一切禁止です!!

詳しくは「 会員種別と譲渡のルールについて 」をご確認ください。

募集対象地域 :

北海道 |
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 |
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 |
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 |
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 |
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 |
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 |
佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 |
沖縄県 |

この里親募集をお友達に教えてください:

キャットフードの定期購入で殺処分ゼロへ!おすそ分けプロジェクト ペットフード編
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる