サポートメンバー

希望条件に合うペットが掲載されたら即時通知

サポートメンバー限定機能で里親になる確率UP!

募集番号:477961 掲載期限:2023年12月31日 まで

とってもフレンドリーな『たま』君 

  • Ribbon Bookmark
  • View:204
  • 掲載日:2023年12月03日
ディ・アンク(保護活動者)
掲載者 ディ・アンク
会員種別 保護活動者(非法人)
ユーザーID 564895
現在所在地
山口県 下関市
種類
白黒
年齢
成猫 (3歳)
雄雌
オス
ワクチン
接種済み
去勢
去勢済み
猫エイズ(FIV)
猫免疫不全ウイルス感染症
陽性
猫白血病(FeLV)
猫白血病ウイルス感染症
陰性
単身者応募
不可
高齢者応募
不可
英語対応
不可

譲渡誓約書を取り交わさないペットの譲渡は動物虐待です。

誓約書の取り交わしを完了してからペットを譲渡して下さい。
相手が応じない場合は即時やりとりを中止し管理者に通報してください。

里親募集種類
行政機関(保健所や警察機関)から引き出した、または行政機関からの指導に従って保護した
募集経緯

2020年8月19日にセンターに生後1か月くらいの幼猫で収容されました。
その後猫エイズ陽性と判り、処分されるためセンターからレスキューしました。

生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!
性格・特徴

とても人懐っこくて人間大好きです!
猫達とも仲良く過ごせます。

猫エイズは血が出るような喧嘩をしなければうつりません。仲良しの猫どうしで感染が広まることはありません。

しかし念のために猫エイズ陽性の先住猫さんがいるご家庭か先住猫さんがいないご家庭での募集となります。

猫エイズは、ストレスがない生活だと生涯発症しないままで終わる猫もいるそうです。

単独で過ごすよりも他の猫さんと仲良く暮らす方がいいのかもしれません。同じ猫エイズの幸君と一緒にもらっていただけると嬉しいですが...(強制ではありません)

健康状態

とても元気です。
猫エイズ陽性、白血病は陰性(保護して隔離して2カ月後の確定検査です)
ノミダニ駆除済み、駆虫済み、フィラリア予防しています。
不活化ワクチン接種済み

猫エイズキャリアですが、発症はしていません。

引き渡し方法

下関のセンターにてお見合い、引き渡しをしています。
車で行ける範囲でご自宅に連れて行くことも可能です。

その他・備考

里親審査、飼育環境チェック、身分証明書の確認、契約書あり。
先住猫さんがいる場合は、必ずウィルス検査の証明書を提示してください。
猫エイズ陽性、白血病陰性であること。(保護して2カ月後の検査必要です)
外猫さんとの接触がない室内飼育限定です。
55歳までのなるべく若いご家族が希望です。
お留守番の時の室温管理ができる方。
室内禁煙
なるべく下部尿路に配慮した消化の良い良質なフードの提供できる方。
トライアル1週間あり。
譲渡後も、最初の1年は2~3か月に1回、写真や動画などでその後報告できる方。その後も1年に最低1回は報告できる方。
家族の一員として迎え入れてくださる方。

※猫エイズ陽性のため、発症しないようにストレスのない生活をさせることが一番大切です。
万が一発症した場合でも、治療ができる方限定です。

この募集は終了しました

譲渡費用について :

合計金額 0 円

譲渡費用に関する注意事項 :

譲渡費用はありません。 ただし、往復の交通費を負担していただきます。

from ぺっとのおうち

この里親募集は保護活動者によるものですので、費用の請求が可能です。ただし、募集情報に明記されていない費用の請求は一切禁止です!!

詳しくは「 会員種別と譲渡のルールについて 」をご確認ください。

募集対象地域 :

北海道 |
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 |
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 |
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 |
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 |
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 |
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 |
佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 |
沖縄県 |

この里親募集をお友達に教えてください:

キャットフードの定期購入で殺処分ゼロへ!おすそ分けプロジェクト ペットフード編
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる