能登猫救出大作戦 決行中
サポートメンバー

希望条件に合うペットが掲載されたら即時通知

サポートメンバー限定機能で里親になる確率UP!

募集番号:487954 掲載期限:2024年09月30日 まで

シャイ瞳がチャームポイント♫ノアちゃん黒猫雄2才位

  • Ribbon Bookmark
  • View:1,506
  • 掲載日:2024年05月04日
ゆめネコ譲渡会(保護活動者)
掲載者 ゆめネコ譲渡会
会員種別 保護活動者(非法人)
ユーザーID 86319
現在所在地
東京都 東京都日本橋
種類
黒猫
年齢
成猫 (2才位)
雄雌
オス
ワクチン
接種済み
去勢
去勢済み
猫エイズ(FIV)
猫免疫不全ウイルス感染症
陰性
猫白血病(FeLV)
猫白血病ウイルス感染症
陰性
単身者応募
単身者応募可
高齢者応募
不可
英語対応
不可

譲渡誓約書を取り交わさないペットの譲渡は動物虐待です。

誓約書の取り交わしを完了してからペットを譲渡して下さい。
相手が応じない場合は即時やりとりを中止し管理者に通報してください。

里親募集種類
外にいるところを保護した(TNR中の保護含む)
募集経緯

2023年7月外で保護しました。確認すると怪我をしていたので1か月間、個室で隔離後エイズと白血病検査を受け陰性であることを確認しました。、先住猫の6才と7才雄猫2匹と、徐々に距離を縮め飼う方向に努力し1年近く様子を見ましたが、先住猫2匹が受け入れる様子もなく、おびえながらの生活を続けさせるのは、可哀相なので、1匹で飼って下さり成猫にご理解ある里親さんとの出会いを希望し、譲渡会も参加しながら里親さんとの御縁を望んで応募いたしました。
【担当者/金子】
【仮名/ノアちゃん/雄】

生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!
性格・特徴

【性格】
保護してから一匹で個室でおとなしく過ごしています。食事タイム、トイレの躾は問題ないです
おもちゃ遊びも好きで、機嫌が良くなりますので、1匹で飼って下さるとビクビクするストレスがなくなりご家族の一員として、手がかからない猫ちゃんになると思います♪
【特徴】
全身真っ黒で尻尾も長いです。瞳は真ん丸で体格もぽっちゃり型で顔も丸顔です。

健康状態

去勢手術済
エイズ白血病検査陰性
ワクチン2回済
便検査2回
ノミ取り済
駆虫薬投薬

***良好で食欲もあります***

引き渡し方法

お話がまとまりましたら後日、ご自宅にお届けになります。
お届けの際にかかる交通費を別途ご負担頂いております。
譲渡の際は、ご本人確認書類(免許証、健康保険証など)のご提示と、誓約書の記入をお願いいたします。

その他・備考

***里親様へ以下をお願いしています***
1.終生飼育 
2.完全室内飼養 
3.医療費の一部ご負担 
4.誓約書 里親様へお願いしています。
5.近況報告
6,タバコ不可
⁂ 後日、猫ちゃんをお届け致しますので、お届け可能な地域となります⁂

譲渡費用について :

去勢手術費用 5,000 円
三種混合ワクチン接種2回 6,000 円
エイズ白血病検査費用 4,000 円
駆虫薬2回 2,000 円
蚤取り 1,000 円
便検査2回費用 2,000 円
譲渡金 3,000 円
申込金 1,000 円
合計金額 24,000 円

譲渡費用に関する注意事項 :

お話がまとまりましたら後日、ご自宅にお届けになります。
お届けの際にかかる交通費を別途ご負担頂いております。

from ぺっとのおうち

この里親募集は保護活動者によるものですので、費用の請求が可能です。ただし、募集情報に明記されていない費用の請求は一切禁止です!!

詳しくは「 会員種別と譲渡のルールについて 」をご確認ください。

募集対象地域 :

北海道 |
青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 |
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 |
新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 |
三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 |
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 |
徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 |
佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 |
沖縄県 |

この里親募集をお友達に教えてください:

キャットフードの定期購入で殺処分ゼロへ!おすそ分けプロジェクト ペットフード編
PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる