• お知らせ
  • その他
  • 生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!

お知らせ

生体販売・繁殖事業者から保護されたペットの有償譲渡にご注意ください!

保護活動者が、事業者から余剰ペット(売れ残ったペットや繁殖を引退したペット)を引き取って里親募集する際、保護経費(保護にかかる費用や医療費など)は誰が負担すべきでしょうか。状況により例外はあると思いますが、原則としては事業者が負担すべきですね。ところが、この様なケースでも有償譲渡(保護経費を里親に請求する譲渡形式)で行われる里親募集がインターネット上に溢れています。

里親になられる方が、善意から盲目的に保護経費を負担してしまうと、不適切な事業者による過剰繁殖や飼育放棄を助長してしまう場合があるという事になります。したがって、有償譲渡で里親になる場合には、該当ペットが里親募集された経緯をよく確認し、里親による保護経費負担が妥当なものであるか慎重に判断するよう、ご注意ください。

このような有償譲渡に注意してください

・「事業者(生体販売・繁殖事業者)からの保護」や「繁殖引退ペットの保護」を理由に里親募集されている場合で、事業者の名称や登録番号などが明記されていないもの
・「ブリーダー崩壊」「繁殖事業者の廃業」などを理由に里親募集されている場合で、該当の事業者、または保健所や警察などの担当行政機関が具体的に明記されないもの
・保護理由や経緯が明確でなく詳細が明示されていないもの

※ 「ペットのおうち」では、全て有償譲渡禁止となる内容です。

「ペットのおうち」の取り組み

透明性の担保

「ペットのおうち」では、有償譲渡が許可される保護活動者アカウントの取得や維持に一定の規定を設け、保護団体の活動内容に透明性が担保されるよう留意しており、不適切な活動が認められるアカウントには利用停止など厳格な処分を行っております。また、2022年9月より余剰ペットの里親募集に関するルールを下記の通り厳格化し、前述の様な悪循環を阻止する対策を講じています。「ペットのおうち」以外で行われる里親募集でも、善意の里親希望者が事業者による過剰繁殖や飼育放棄を助長してしまうことのない様、広く注意喚起を行なって参りたいと考えております。

優良事業者への支援

規制だけでは、ペットを守ることはできません。
殺処分問題の解決が見えてきた今、私たちは殺処分問題に隠れて見過ごされてきた「ペット流通の構造的な問題」の解決に目を向けるべきフェーズに入っていると考えており、動物愛護の観点で優良な事業者が市場で優位に立てる環境を支援していきたいと考えています。

具体的には、事業者名/健全な飼育環境/健康管理の状況を開示し、誠意を持って余剰ペットの里親を募集(無償譲渡)する事業者や、保護経費を全額負担する形で里親探しを保護活動者に委託する事業者を応援する事で、優良事業者による里親募集(無償譲渡)を支援して参ります。

本件に関する「ペットのおうち」ルール改正

【お知らせ:譲渡費用に関するルールを修正、追記しました】
https://www.pet-home.jp/blog/cat4408/post-87.php

【会員種別と譲渡費用に関するルール】
https://www.pet-home.jp/guide/post/user_type.php

上記の通り、保護活動者であっても以下の場合には譲渡費用の請求が禁止となりました。

「生体販売・繁殖事業者から保護したペットの里親募集を行う際に、該当事業者の動物取扱業登録情報(登録番号、氏名または名称、所在地)を明記しない場合」(2022年9月23日適用)

余剰ペットの募集経費は、本来該当の事業者が負担すべきものです。里親が肩代わりする場合には、少なくとも該当事業者の業務改善が行われているか確認する手段が用意されるべきであると判断し、本ルールが追加されました。

「行政機関経由で保護したペットの里親募集を行う際に、担当行政機関の名称を明記しない場合」(2022年10月14日適用)

※担当行政機関からの指導により名称を非公開とする場合を除く
※名称公開の有無に関わらず、「ペットのおうち」から該当の行政機関に事実確認をする場合があります

「ブリーダー崩壊」「繁殖事業者の廃業」などの理由で保護されたペットで、行政機関の指導により飼育を放棄した事業者を開示できない場合でも、担当行政機関の名称を開示することで、有償譲渡の妥当性を証明できるものと判断し、本ルールが追加されました。

「他の保護活動者からの引き受けなどの場合で、保護経緯が不明な保護ペットの里親募集」(2022年10月14日適用)

保護経緯が不明な保護ペットの里親募集は、余剰ペットの里親募集に該当する可能性があるため、本ルールが追加されました。


ルール改正に関していただいたいくつかのご質問に関して、回答を下記「よくある質問」へ追加いたしましたのでご確認ください。

【よくある質問】
https://www.pet-home.jp/contact/

ルール違反の里親募集や不審な里親募集を見かけた際は、「ペットのおうち」お問い合わせまで通報してください。

【お問い合わせ】
https://www.pet-home.jp/contact/

PAGE TOP

「”犠牲を伴なうことのない”持続可能なヒトとペットの共生社会」の実現へ
ペットのおうち®︎ が取り組むコト。

ペットを犠牲にしなければ成り立たないのなら、ペット文化は一刻も早く消滅した方が良い。

犬との暮らし、猫との暮らしを次の世代に引き継ぐためには、変えるべき価値観、習慣、文化があります。

ペットのおうちサポートメンバーアイコン

サポートメンバー登録へ

閉じる