• 里親になる
  • 2017年11月17日 | view 95
  • 1
  • 0
  • 0
  • Ribbon Bookmark

我が家にようこそ

Jammy さん
Jammy さん

「ペットのおうち」からアルバを引き取って1週間が経過した。
報告兼記録の為にもログを定期的に…書けたらいいなあ。

あちゃー、1つの記事に写真は3枚までかあ。載せたい写真はまだまだあるけど、これはギャラリーの方がいいのかしら。バンバン載せるならブログに移行になってしまうのか、うーん。

=======================
ペットプロフの画像にあるように保護主さんがアルバと一緒に譲渡して下さったオモチャがあって本当に良かった。家に着いた初日なんかおもちゃを離さず枕にしたり背中にぴったり寄り添って寝たりと安心出来る唯一の拠り所だったんだろうね。1週間が経過した今もゴムのオモチャやぬいぐるみ、ロープに囲まれながらも茶色のシマシマ君は必ずアルバの手元にある一番のお気にいり。

現在、生後2ヵ月【体重3.8キロ】
11/7 …3.4㎏
11/9 …3.6㎏
11/12 …3.6㎏
11/14 …3.8㎏
最初の頃に思ったが現在のアルバの食は細い。
新しい環境に落ち着かないのか、食事の最中に水を飲みに行ったりふらりと歩き回ったりと食べ物への関心が薄い?先代のダックスが食べ物への執着があったのでオヤツで釣ってしつけは楽だったが、アルバは食べ物でしつけをするのは難しいと実感。

アルバが来て2~5日(11/9~11/11)に食欲低下、24時間近く何も食べない日もあった。長時間の長旅の疲労や環境変化のストレス、ずぼらな飼い主が怖がらせてしまったかorz 実は病気とか?虫がいるとか?不安は大きくなるばかり。保護主さんの所にいた時はもうドライに移行しており40g×3回で問題なかった。トッピングにスプーンひと匙のデビフの缶詰。つまりウェットとドライの両方という事だ。
試行錯誤し悩んだ末にヒルズのカリカリをドライとふやかしての半々与えてみる。
嗜好性の高い缶詰は器用に舐めとってカリカリを口から出す為、特別の時に与える事にする。一番大事な成長期であるこの時期に子犬用の高タンパク質な食事を食べて貰わないと。結果は成功、ただし食は細く1回30gがせいぜいなので本人が食べるだけ食べ 残ったら下げる。1日3回の食事を増やして1日4回~5回に。14日は珍しく130gも食べてくれた。

ヒルズのHPの給与量の目安は140gなのになあ…。
140gあげた11日なんかは便が緩くなったし…何故だ。遊ぶし走るし体重も増えてはいっているんだけどなあ。甘やかしでも構わない、まずは食べてくれ!金曜に病院を予約したのでワクチンの時に見てもらおう。


動きは動物園で見かけるキツネやコヨーテの動きに近い。
タッタッタッタ...と速歩(トロット)で行ったり来たり。
尻尾をぐるぐる追いかけるのではなく、猫のように巧みに動かし獲物に見立てて体を忍ばせバネのように尻尾へ飛び掛かる。人間の足から大げさに逃げてみせては伏せ、近づき逃げては伏せを繰り返す。噛むのが大好きでオモチャやサークルは四六時中噛む。床を掘りだす。狩りのマネごとをしたいようで遊ぼうのプレイバウを何度も見せたり伏せで誘ってくる…おおっと一番目を離しちゃいけないヤンチャ時期だ。

我が家に来て本日、初めて吠えた。
寝言で吠える事は度々あったが、今日が初めての私に向かってのワン!。
遊ぼうと伏せをして吠える。エネルギーを持て余しているんだろうね。
明日は廊下で追いかけっこでもしようか。

2枚目の写真の通り、触っても嫌がらずされるがまま。
耳や目の周り、肉球やお腹や尻尾も問題なく触らせてくれる。ええこだ。
口の中も見させてもらったけど白くて綺麗な歯だね。可愛い。

まだ2ヵ月という事で、遊びも大事だけど睡眠の方が大事…だろう多分。
ここにも慣れて遊びたい意欲が沸いてきたけど遊びの時間と成長の為の睡眠とのバランスが難しいなあ。社会化期としても色々体験させてあげたいし。あれこれ考えすぎて神経質になりすぎるのもよくないけどね。
初めての中型犬、初めての男の子。
近いうちに訓練士さんをお迎えして出張訓練をお願いする予定。
アルバを訓練、というよりウン年ぶりの錆びついた犬の知識で凝り固まった
飼い主を訓練してもらうつもり・゚・(`∀´;)

会員登録をするとペットログにコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。

この投稿をしたメンバー

Jammy さん Jammy さん

Jammy さん

ユーザーID:503844

一般会員

このメンバーのペットログ

この投稿に登場するペット

おすすめの記事

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社