雑種の日常に関する相談

回答受付中
2018年06月20日まで
ケージでの就寝

ケージでの就寝

相談番号 4,310 / view 483

シャボキャンさん

回答数
5

雑種、推定5~7歳の雌犬です。今年の2月に保護犬を譲渡してもらって、現在に至ります。人慣れしていましたし、体のどこでもさわらせてくれます。散歩、食事の時にだけ要求吠えがあります。リビングでフリーにしていますが、おとなしくほとんど寝ています。2週間に1回くらい、2時間くらいの留守番がありますが、ソファの足に係留しています。大人しくしています。そのため留守番の時もリビングフリーにしようと考えています。トイレは外派です。就寝時はケージに入れていますが、我が家に来たときからずっと嫌がっています。追いやって入ったらおやつをやり布をかぶせています。そうするとほとんどの場合は大人しくしています。部屋に人がいると出してくれと吠えます。我が家に来てから4ヶ月たっても嫌々入っています。このまま続けるべきでしょうか?私は就寝時もリビングフリーにして良いと思っているのですが、家族はケージやクレートに入る必要もあるから今無理してでも慣らしておくべきだと言うのですが。「ほとんどの場合は、入ってしまうと大人しいから」と。回答は、ケースバイケースであったり、その家族の考え方によるのかもしれませんが、日頃からケージやクレートになれていないと、災害や入院時に苦労するのでしょうか?日頃から慣れていると、本当にそういう場合に平常心で対応できるのでしょうか?そういう非常事態の場合のためだけに毎晩戦うべきでしょうか?

多くの回答、本当にありがとうございました。感激しています。でもいろんな考え方がありますね。この件に限らず、トイレ等他の問題でも色々なサイトで色々な意見がありますものね。結局わんちゃんの個性、飼い主の環境等を考慮してそれぞれの家庭で話し合って方向性を見いだしていくしかないんでしょうね。我が家のわんちゃんはこのサイトで申し込んで数日で譲渡が決定したので、使い方をよく理解せず、あわててクレートやケージを用意したんです。クレートは移動用、ケージは就寝用みたいに。でも本当はクレート等は犬が寝るときや不安を感じたときに犬が自ら入る安全地帯として備えるべきものと知りました。私の居住地は災害が起こりやすい地域ではありませんが、フィラリア症による心臓の不調等で通院が多いこと、遠方の法事でペットホテルに預けないといけないが、ケージ預かりになることが多いことでケージを検討してきました。今後、犬を含めた家族全員が快適に過ごせるような方法、気の持ち方等を折々に話し合っていくつもりです。本当に感謝です。

みんなの回答

  • ぶうちゃんままさん

    2018年06月07日

    Good
    1

    犬はとても賢く、比較的しつけやすい生き物です。

    ゲージに入っても、騒げば出してくれると思うから騒ぐので
    騒いでも無駄だだと思えばあきらめて習慣になると思います。

    ルールはその家庭が決めていいと思います
    が、万が一のときのためにもゲージに慣れさせておくと便利な時もあるかと思われます。



    コメント: シャボキャンさん(相談者)

    2018年06月07日

    早速のアドバイスありがとうございました。一昨日、珍しく夜中にケージの中で吠えるので庭にトイレに出して、その後も泣くのでリビングフリーで一晩過ごさせました。すると昨夜は一晩中泣き通しでした(汗)。

  • Lunapyonさん

    2018年06月07日

    Good
    1

    いろんな考えがあるので、迷いましたが・・・
    無理やり追いやって・・・はまず辞めたほうがいいですね。
    決まった呼びかけとジェスチャーを決めて、指示を出して誘導し、入ったらご褒美も有りですが褒める。この際閉じ込めは無しで扉は開けたままです。
    まずは指示を出されたら入ることを覚えさせます。

    無理やり追い立てられる→閉じ込められる→→でマイナスイメージが定着しないようにしましょう!

    災害時や通院の際にと考えるのであれば、ハードクレートが便利です。
    ケージ内に大きすぎない丸まって寝られる程度の大きさのハードクレートを扉を開けた状態で置けるのがベストです。
    野生界での巣穴の代用だとお考えください。

    犬にとって不快な事があった時の避難場所になります。
    我が家では子供たちが怒られたり反抗した時の声と雰囲気がイヤで、クレートに非難する子が居ます。
    もちろん子供に構ってほしくない時も逃げます。

    大人も子供もクレート内には手を出さない!を徹底しているからです。
    歯磨きがキライで雰囲気で逃げますが、”来い”の指示で自分から来るまで待ちますから。

    まだお迎えして3、4ヶ月ですから、まだまだこれからかと思います。
    がんばってくださいね。
    あと様々な考え方がありますので、しつけ本も図書館等で借りたものでもいいので数冊読んでみる事もお勧めですよ。

    吼えたり騒ぐ=要求が通る の公式は絶対に経験させないようにしましょう!

    吼えたら無視 とよく本にもありますが、うちの子は無視しても無駄吠え自体が矯正できず、犬の本能で吼えてしまう→シー(吼えないサイン)or クールダウンのサイン(状況別)→できたら褒めるor要求を満たす
    で覚えてきました。

    ただこの子はもともと吼え癖がある状態で我が家に来た子なので・・・少し違うかもしれませんが。

    我が家は1年前の2月と、この2月にワンコをお迎えしました

    がんばってください!

    コメント: シャボキャンさん(相談者)

    2018年06月07日

    ていねいなアドバイスありがとうございました。頑張ってみます。

  • sora's_mamaさん

    2018年06月07日

    Good
    5

    お答えしようかずいぶん迷ったのですが・・・。
    一般的にはケージやクレートに慣れさせる、とか、好きなように
    させているとワガママになるとか言われていますが、少し違うの
    かなと思いまして。
    うちも保護犬を迎えて1年ほどですので、大きなことを言える
    立場ではないのですが、我が家の経験から感じたことを書きますね。

    いろんな立場や考えがあることは承知の上で、あくまで私見です。


    うちの場合、来たその日から完全フリーです。
    ケージもおいておきますが、扉は開けて、好きな時に出入りできる
    ようにしています。
    また、室内の何カ所かにブランケットやベッドを置いて、好きな
    ところで寝てもらうようにしました。
    次の日から4時間の留守番でしたが、問題なく過ごせました。
    室内は、乳幼児のいる家と同様の対策をとり、いたずらをされない
    ように予防をしています。
    どうしてもだめなこと以外は、犬自身で判断するやり方です。

    結果、ワガママな犬が出来上がったか?

    逆でした。
    家の中で走ったり、興奮することのない、穏やかな子になりました。
    してほしいことがあれば、自分で働きかけができ、ダメな時は
    きちんと引き下がってくれます。
    怪しいと判断したとき以外ほとんど吠えることもなく、猫や鳥に
    過剰反応することもないです。
    禁止したことはないですが、キッチンやテーブルに手をかけることも
    ごみをあさることもしません。
    しつけと銘打たなくても、飼い主のしぐさや表情で、これはダメなの
    だな、と判断しているようです。

    犬って本当に賢くて社会性のある生き物だなと実感しました。

    厳しくしつけをしないということを聞かないということはないの
    では?と思います。

    就寝時の件も、無理にケージに入れるのではなく、選択肢として
    置いてあげるのがいいのかなと思います。
    留守番も、危険を排除してフリーにしてみてください。
    おそらく大丈夫かと思います。
    文面を拝見する限り、とてもかしこそうなわんちゃんなので。
    また、災害時のための訓練とのことですが、あまり意味がないのでは
    と思います。
    パニックになっていれば、しつけはあまり役に立たない気もしますし、
    落ち着けば自分で判断できる知性を、犬は持っていると思います。
    その日のためだけに毎日嫌な思いをするより、穏やかに過ごさせて
    あげたいと思ってしまいます。

    わんちゃんとシャポキャンさんとの間に信頼関係があり、お互いに
    配慮しながら心地よく共に生きていければ一番ですもんね。

  • グッちゃんママさん

    2018年06月07日

    Good
    0

    初めまして。

    皆さんのご回答を読ませて頂き、私自身も本当に勉強になりました。 私も 保護犬を含めて 二頭と一緒に暮らして居ますが、必ずしもこれ!っといった飼育法はないんだという事が 解りました。保護される前に その子が生きてきた環境や性格など、皆んなそれぞれ違いますものね。
    そして 室内飼いされていれば、部屋の作りだって 家族構成だって違うわけですから、私も 自分の経験の中で 良かった事、もしくは こうすれば良かったなと 思った事をお伝えしますね。

    ウチは 先住犬が ずっとオールフリーで暮らしてきたので、後住犬もそうしたいと思っていたのですが、ある事がきっかけで クレートも準備して 1日 2回 掃除機の時だけ ハウスの掛け声で 入れるようにしました。

    災害の時の為に…とは ちょっと違うのですが、自宅が 今年10年目に入り あちこち 直さなくてはいけない状況が 度々起こる様になりました。 エアコン 食洗機 給湯器やトイレ、ウッドデッキなど様々な物が 壊れてくるんですね。その度に 業者さんが修理に来るのですが… 先住犬は警戒して吠える、後住犬は尾っぽフリフリ 近寄って 遊ぼ〜 いずれにしても 作業の邪魔になるわけです。あ〜、こういう時に クレートinが 大人しく出来たら どんなに楽かなぁと
    思う様になり 例え1日30分を 2回だけでも 入れる様にしました。
    後は 今まで通り好きな様にさせています。クレートのドアも開けっぱなしにしていると、自由に入ってますよ。

    ウチは部屋の作りが、 ゲートとかドアで仕切ったり出来ない様になっているので、クレートがあると 本当に助かっています。

    その子の性格や環境を考えて 一番良い方法が 見付かるといいですね^_^

    コメント: グッちゃんママさん(回答者)

    2018年06月07日

    たかやん様。

    災害時に 一番パニックになって不平不満を言うのは人間… もう本当に 仰る通りで
    同感します! 飼い主が いざと言う時に 落ち着いて行動できれば、犬もちゃんと付いて来る! それには 普段の飼い主の行動が大事ですよね。
    いや〜 勉強になりました。普段を心掛けて 先ずは 私がパニックにならない様に 更に頑張ります^_^
    ありがとうございました^_^

  • たかやん35さん

    2018年06月07日

    Good
    0

    はじめまして

    文章を見て災害時の訓練みたいな事が書いてありましたが
    お住まいの地区は大雨時に避難勧告が出やすく家族で避難所に身を寄せるようになる感じですか?
    震災レベルの災害があった場合に自宅が倒壊し避難所や親戚に身を寄せる事になればクレートに入る訓練というよりは習慣を付けておけば良いかとは思いますが

    東日本大震災時に避難所でのプライバシー確保が難しいという問題があちらこちらで聞かれましてペットよりも人間の方がストレスで体調を崩す人が多かったということでした。
    そんな避難所にペットを連れて避難した方が他の避難している人々から非難を受けるという事がありましてそれを考えるとクレートなどで過ごす習慣をつけるのもありかな?と思います。

    そこでなんですけどケージ(ゲージ)を大きめのものを使って頂きその中にワンちゃんが好みそうな敷物を敷いたクレート、水飲み、エサをあげる食器を置き、いつもケージの中でエサを与えて、クレートの入り口は人の目から見えない方向を向け設置し様子を見るのはどうでしょうか?
    普段はケージとクレートの扉は解放しておき自由に出入り出来るようにしておき、ケージに入ってエサを食べなおかつクレートに入ってくつろぐようになったらケージの扉を閉め様子を見てみては?
    ワンちゃんに変化が出てくると思いますよ

    コメント: たかやん35さん(回答者)

    2018年06月07日

    ちなみにクレートの扉は本当に災害が起きたのみにだけ閉めるようにし普段は窮屈にならないようにとの思って2段階方式を提案してみました。

    コメント: たかやん35さん(回答者)

    2018年06月07日

    もうひとつ
    災害時に一番パニックになったり不平不満を言うのは人間ですかね

    コメント: たかやん35さん(回答者)

    2018年06月08日

    グッちゃんママさん

    私に向けてコメント有り難うございます。

    ニュースとかワイドショーで伝えられていないトラブルが被災地での避難所ではいろいろあったようですよ
    いざ被災した時にペットを含む家族を守っていかなくてはならないと思います。その時に皆さんには気丈に冷静に他人には思いやりを持って行動して欲しいと思います。

    ちなみに回答で例に出したペットを連れて避難所に避難してきた人は先に避難所に来てた人達の心無い非難の言葉にいたたまれなくなり、その避難所を離れて行ったようです。

会員登録をするとお悩み相談にコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。
ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する
PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社