全般の飼う前にに関する相談

解決済み!
この相談は回答受付を終了しています
里親になりたいが…

里親になりたいが…

相談番号 3,507 / view 1,247

グンテンさん

回答数
2

今年の6月に愛犬グンが虹の橋を渡りました。
鼠径ヘルニア(脱腸)になり、うんちが出にくく、3日に1回は病院に行き、うんちを出してもらっていましたが、先生からは、このままだとグンも痛い思いを何度もしなきゃいけない。手術をすすめられたので予約し、術前検査も大丈夫だという事で手術をしたのですが、手術は成功したのですが、その後の抗生剤でアナフィラキシーショックで天国に…

病院の先生から、何で亡くなったのか原因がわからない。と当日言われたのですが、次の日にハーネスを取りに病院に行った時に先生から、考えられるのは抗生剤によるアナフィラキシーショックだという事を言われました。

我が家には、テンというコーギーがもう1匹います。
この子は前の飼主に5日で捨てられ、縁があって我が家の家族になりました。

やっとペットロスから立ち直り、保健所収容の犬や猫を見ると、どうにかしたい!助けたい!と強く思うようになりました。

ただ、テンとグンは仲が悪く、常に1階2階と離れて生活してました。
原因…たぶんグンが自分の物を取られるのをすごく怒り、喧嘩になりました。

まだまだ生きれる命、1つの命でも救いたいと思ってるのですが、もし仲が悪かったとしたら、テンも新しい子も幸せじゃないかな?と考えます。

そんな気持ちで里親応募しない方がいいのか…
もちろん簡単な気持ちで応募するつもりはありません。

こんな考えで里親になりたいと思う私は甘いのでしょうか?

里親の問い合わせは1回しました。
兄弟で収容されていて、その子だけが残っていたので応募しましたが、里親さんが決定された後でした。

相談者が選んだベストアンサー

Good
3

銀の猫さん

2017年08月18日

グンちゃんも飼い主様もお疲れ様 そしてご愁傷様でした。

貴女の想い、救える命を1つでも救いたいとのお気持ち 是非とも大切にし、実行に向けて歩きだして頂きたいと思います。

ただご心配はテンちゃんとの相性ですよね?! 多頭飼いなら出来るだけ相性が良い子同志の方が ペット達もより幸せになれますから。

テンちゃんの性別や年齢 性格に関しての情報がないのであまり踏み込んだ事は言えませんけど・・・ 貴女様のお気持ちや現状を里親募集されているボラさんにご説明され、ある程度ボラさんの経験に頼りながらお話しを進めてみたら如何でしょう?

先ずは相性の良いボラさんとの出会いが事を大きく左右すると思います。面倒見が良いボラさんですとアフターケア付き・・・つまりスムーズに家族になれる為に色々な経験値を駆使して相談にも乗ってくれるし アイディアも提案して貰えます。

中には先住ペットが居る応募者様にはトライアル期間を設け 先住ペットとの相性を観察出来るように配慮して下さるボラさんもいらっしゃいます。
せっかく命を救いたいと思われたのなら 1歩踏み出して欲しいです。

私も昨年暮れ 遠方の保健所から大人の猫の譲渡を受けました。
迎えた初日は先住の2頭(大人で雌と雄)と相いれず、その後1週間で先住の雄と新しい子が仲良くなり 残りの先住の雌は相変わらず孤高を保っておりますが 明らかに先住同志があまり仲良くなかった関係に 新たな子がクッションになってくれている感があります・・・これは想定外でした。

保護された子達は健気で 先住ペット達を見習って 生活習慣に適応し 何時の間にか家族の一員になってくれますから 余程相性が悪くなければ 飼い主様の分け隔てない愛情と忍耐 少しの工夫で何とかなると思います。
新たな子の頑張りには胸が熱くなるような感動も覚えましたもの。

どうぞ 貴女様も自ら里親になりたいと思われたお気持ちを大切にして、是非とも実現して頂きたいと思います。
善いご縁に巡り会えます様 祈っております。

コメント: グンテンさん(相談者)

2017年08月18日

コメントありがとうございます!
温かいお言葉、またグンを思い出し涙が出ます。

心配は相性です。
テンが我が家に来た当初は、一緒に部屋で走り回ったりしていたのですが、テンが1歳過ぎた辺りから、グンに喧嘩を売るようになりました。
その時は血だらけの喧嘩になり、それから離していたのですが、日替わりに1階2階と交互にしていました。

テンは、近所の柴犬と仲が良く(柴さんの性格もあるのでしょうけど)
一緒に遊びたくてしょうがない感じです。その子は豆柴でまだ小さく、2匹で遊んでいます。
なので、子犬からなら大丈夫なのかな~?と考えています。

銀の猫さんもお迎えされたのですね!
そして新しく来た子がクッションになってくれたなんて!
すごく良かったですね!

写真見ると、どの子もすごく可愛いですよね!
ボラさんに伝えて相談してみようと思います!

コメント: 銀の猫さん(回答者)

2017年08月18日

仰る通り 比較的子犬の方が上手くいき易いと聞きますね。飼い主様が子犬から育てる手間暇を惜しまないのでしたら それが一番だと思います。

グンちゃんもテンちゃんも飼い主様にとっては掛け替えのない良い子だったのに相性が悪くなってしまったのは本当に辛かったとお察しします。
幸いテンちゃんはご近所にお友達もいるそうですから 上手くいく可能性があると思うのです。

今回コメントさせて頂いたのは 飼い主様が突然グンちゃんを失ったのに 命の愛おしさを実感して 困っている命を救う為に行動を起こそうとされているご立派なお志に心を打たれたからです。
私はペットロスで1年以上も涙が絶えない日々を送っておりました。

ですから ずっと先の話ですが テンちゃんに加えて更なるペットロスを覚悟され、救える命に寄り添う決心をされた事を 応援したかったのです。
私も あと1回ペットロスを余分に覚悟すれば救える・・・と思いましたもの。

近い将来テンちゃんとニューフェイスの子犬ちゃん、テンちゃんの近所のお友達と仲良く遊ぶ姿がみられる様 祈っております。

コメント: グンテンさん(相談者)

2017年08月19日

グンは生後2ヶ月の時に我が家に来ました。
なので、犬社会というのを知らないんじゃないか?テンが家に来た時に旦那と話していたんです。
ペットロス…本当に辛いですよね。
今でも涙が出る時もあります。
グンは結構吠えたりしていたのですが、その声が突然聞こえなくなり…
カリカリご飯、2匹だったのですぐ無くなってたのに、買いに行くペースが空いたり…
でも消えなくてもいい命、どうにかしたい!という気持ちが強く、グンが生きられなかった分、1匹でも救えるなら、グンも喜んでくれるのかな?と思ってます。

みんなの回答

  • Kate3536さん

    2017年08月19日

    Good
    2

    グンテンさん、こんばんは(*^ ^*)

    コメントでもお話しを聞かせていただいておりましたが
    かなり真剣に考えていらしたのですね。

    もし、どうしてもテンくんと仲良くできる子がいい!と、思ってらっしゃるなら
    里子に迎える前に、何度かテンくんとお見合いさせていただいたり
    トライアルを設けている団体さんから探すのはいかがでしょうか?
    うろ覚えで申し訳ないのですが、長いところだとトライアル期間が
    2〜3ヶ月の団体さんがあったように記憶しています。

    相性も本当に大事ですが、今度はテンくんが先住犬なので
    新入りわんこが年上だとしても子犬だとしても、何事もテンくんを最優先で
    テンくんの方が上位なんだということを新入りわんこにしっかり教えてあげることも
    大切だと思います。
    私の実家のわんこで3匹目にお迎えしたペキちゃんはおとなしく内気な子です。
    その後にきたジャックラッセルに初日におもちゃにされてしまったり
    ごはんを横取りされてしまったりしていましたが
    しっかりしつけ、今ではきちんとお姉さんだということを理解して仲良く暮らしています。

    多頭飼いはわんこ同士の相性も大切ですが、飼い主のリーダーシップというか
    しつけもとても重要だと、私は思います。
    グンテンさんには仲良くできなかったグンくんとテンくんを一緒に育てていた経験があるので
    新しい子が来て、テンくんと仲良くできなかったとしても
    きっと上手く2頭を大切に育てることができると、私は思います。

    コメント: グンテンさん(相談者)

    2017年08月19日

    kateさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます!
    本当に真剣に考えていました。

    そんなに長い間のトライアルあるのですね!
    知らなかったです。
    kateさんのご実家、多頭飼いと仰ってましたね。
    ちゃんと躾が出来れば大丈夫ですかね?
    家族の力が試される時ですね!
    ちょっと動いてみようと思います!
    何もしなきゃ始まらないですもんね!
    ありがとうございました。

この相談は回答受付を終了しています

ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する
  • 回答ランキング

    − 犬の飼う前に編 −

  • Love animals

    Love animals

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社