雑種のケガ・病気に関する相談

回答受付中
2018年04月27日まで
脳障害ねこさんとの暮らし方
脳障害ねこさんとの暮らし方

脳障害ねこさんとの暮らし方

相談番号 4,134 / view 521

黒ねこ好きさん

回答数
4

ふらふら歩くゆきちゃんと出会い
病院にて先天性脳の障害と診断されました。

今現在問題がいくつかあります。

✴︎最初はできていたトイレが
砂でできず、どこにでも粗相してしまいます。
なので仕事に出る時はゲージにてお留守番です。
が、帰るとウンチまみれ、、
病院の先生と相談して砂を変えたり
シートに少し砂を敷いたり色々しましたが、トイレと認識してもらえません。

✴︎ジョインマットを噛んで
誤飲し、出てこないため手術しました。
食べてない時も、シャクシャク舌かなにか噛んでいます。

✴︎血液検査の結果
肝臓の数値が異常に高く、
ホルモン検査もしたけど違いました。

なんの病気?
トイレ異常
良く水を飲み、おしっこもたくさんする
叫ぶように鳴く
喉を鳴らしながら長く鳴く
鼻息がすごいです
ご飯はもりもり食べます
ゲージから出すと家中歩いて回ります


これからどう暮らしていけばいいのか
途方にくれています。

トイレ問題は大きくて
仕事で家を開けるのでずっと一緒に入れないためすぐに対処してあげられず
可哀想です。
毎日帰ってウンチまみれで
毎回お風呂もゆきちゃん的にも可哀想に思います。


脳の障害を持った子と初めての暮らしなのでなにが正常で、何が異常行動なのかが分からなく助けを求めさせて頂きました。

何かアドバイスありましたら
宜しくお願い致します。

みんなの回答

  • Love animalsさん

    2018年04月13日

    Good
    4

    こんにちは。
    具体的に病名はわかりますか?

    知人が川に落ちた子猫を救急隊に助けてもらい、そのまま飼っていますが、脳炎でした。
    ずっと、ケージ飼いだそうです。
    幸い、トイレとご飯は自力でできるそうです。
    私が訪問した時には、ずっと、頭を下に落としていて、顔は見られませんでした。
    いつも、その状態のままだそうです。

    オムツをさせたらいかがでしょうか?
    そうすれば、トイレをケージの中に置いておく必要がなくなり、あとは、置きえさと水だけを入れて置くようにすれば、誤飲もなくなるとおもいますが、、、
    また、相談者さんの負担が軽減されるし、子猫ちゃんの身体の負担も減ります。毎日、シャンプーでは、子猫ちゃんの肌が荒れてしまいます。

    優しい相談者さんに保護してもらい、その子猫ちゃんは幸運でした。

  • eric-hwiさん

    2018年04月13日

    Good
    4

    こんにちは。
    以前、先天性脳障害の子を飼っていました。


    ひとえに脳障害と言っても症状はさまざまで、うちの子の症状は下記の通りでした。

    ・トイレはたまに失敗するけど自力でできる(後に病気になってからは自力で出来なくなりました)
    ・頭が常にぐらぐらゆれていて静止できない
    ・まっすぐ歩けない
    ・「加減」と言うものが出来ず、噛む時は全力、鳴くときも全力

    ゆきちゃんも加減が出来ない症状なのかもしれませんね。

    うちの子は加減が出来ないことにより、甘噛みができず常に全力で、毎度私の手に穴があいていました。

    あとは鳴き声。
    超大音量で赤ちゃんの叫び声のような鳴き方なので、私が外出する時なんて「いっちゃやだー!!!」とさらにギャン無きでw
    ペット可マンションだったのですが、人間の子供を虐待しているんじゃないかと思われるんじゃ…とハラハラしていましたw

    それと…ジャンプも加減が出来ず、後ろ足のチカラばかりが勝ってウサギのようにぴょーーーん!!と跳ね上がるように駆け回ったり、キャットタワーに上るときもお尻ばかり飛びすぎて落ちそうになったりもしていました。


    一緒に過ごしていて普通の猫と比べたらとても大変でしたが、それはそれは個性的で他にこんな子は居ないと思える程の愛らしい特別な子でした。

    FIPにかかってしまい、一緒に過ごせた期間は一年ほどでしたが、今でも大切な私の猫です。


    トイレの件ですが、Love animalsさんの仰る通りオムツが良いかと思います。
    汚れるのは一部分だけなのでウェットティッシュで対応出来ますし、エリザベスカラーをしているのであればオムツをちぎっちゃうなんてこともないかと。

    誤飲の件は普通の猫も可能性としてあることなので、心配なものは片っ端から撤去してしまいましょう。
    うちの猫たちはよく紐を食べてしまっていました…。
    うちでは猫のお留守番部屋では、猫じゃらしや小物・危険っぽいものは、収納スツールにぽいぽい放り込んでから出かけます。
    便利ですよ♪
    ちなみにそこからおもちゃが出てくると学習したうちの子猫、箱を開ける度にすっ飛んでくるので、夫から「ニッカのわくわくBOX」と命名されましたw


    長くなってすみません(汗
    黒ねこ好きさんとゆきちゃんとの生活が、素敵で特別なものになりますように。
    応援しています^^

  • たかやん35さん

    2018年04月13日

    Good
    4

    はじめまして
    私は犬科が専門でしたので当てはまるかわかりませんが
    先天性の脳障害ということで診察結果が出ていると思うのですが
    最近動物病院でレントゲン撮影などされましたでしょうか?
    障害の度合いが進んだようにも思われます。
    例えば脳内というか脳と脳膜の間に水が溜まり脳を圧迫しているとかの症状が表れているのかもしれません金銭的に医療費がかかるとは思いますが一度検査をされると良いかとは思います。
    また肝臓炎などの症状によく水を飲むという症状があります。
    肝機能が悪化すると黄疸などが現れますのでたまに口を開けて歯茎の色などを確認していただければと思います。
    年齢で多少変色が見られる場合もありますが健康状態なら薄いピンク色してます。白っぽいようなら貧血、薄いカスタードクリームのような色なら黄疸というような感じです。

    このネコちゃん通院しているんでしょうか?
    通院しててお薬などが出ているんであればお薬の効能を聞き獣医師さんにどの様な治療でどのうような効果を求めているのかお聞きすればネコちゃんの病状を把握出来るんではないでしょうか

    私事ですが、以前世話をしていた動物の病気に直面した時に人間並みの医療検査が受けられればと何度思ったことか・・・・

    相談者さんは大変な思いをなさってるとは思いますが他の方が言うように今はオムツで対応していただき、飼育というよりは動物介護と呼べる状態とは思いますが頑張っていただければと思います。

    コメント: たかやん35さん(回答者)

    2018年04月13日

    文中での医療検査とは総合病院などの大きな病院で出来る検査という意味です。

    コメント: たかやん35さん(回答者)

    2018年04月15日

    今気づいたのですが
    犬科×
    イヌ科◯です。

  • dpapl913さん

    2018年04月13日

    Good
    1

    こんばんは
    一日中見ていられないから大変でしょうし、心配ですね。

    写真を見てゆきちゃんのエリザベスカラーが気になりました。
    ふらふら歩くゆきちゃんに大きすぎる事と硬いのではないでしょうか。
    以前病院で着けてもらったカラーが大きく、水や食事を摂れないという問題が出てきた時、このサイトを紹介された事があります。
    http://www.allwann.jp/SHOP/682781/845799/list.html
    結局、問題なさそうだったので外してしまったのですが・・・。
    ゆきちゃんが後どれくらい着けていないといけないか分かりませんが、こんな商品もあります。

    先天性の脳障害とありましたから後は危険を回避するのが最大の問題でしょうが、
    オムツは注意しないと噛んで外そうとするのじゃないでしょうか。
    ゆきちゃんが嫌がらず噛まないなら良いのですが。
    エリザベスカラーをしている間はオムツも大丈夫かも。
    エリザベスカラーやオムツでストレスはどうでしょう。
    難しいですね。

    肝臓の値が異常に高いとありましたが、エコーなどしていただくと良いのではないでしょうか。
    エコーだと5000円程度で出来ると思います。

    大変でしょうが、黒ねこ好きさんもストレスをためないように介護してあげて下さい。

    コメント: dpapl913さん(回答者)

    2018年04月13日

    追記です

    シャンプーをしなくてもお湯で洗うだけでも大丈夫かと思います。
    臭いが取れないなら皮膚疾患用のシャンプーを薄めて使ってみてはいかがですか?

会員登録をするとお悩み相談にコメントをする事ができます。
会員登録がお済みの方は、ログインしてご利用下さい。
ペットのことで困ったことや迷ったこと、なんでも気軽に投稿しよう。
ペットに関する相談を投稿する
相談を投稿する

注目の相談

PAGE TOP

ペットのおうち公式スポンサー / The Official Sponsors

  • PURINA
  • アイペット損害保険株式会社